メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社会貢献活動を社内報で伝えよう みんな事化する、企画のツボ

社会貢献活動を社内報で伝えよう みんな事化する、企画のツボ

社会貢献活動。多くの企業で実施されています。もちろん、社内報の企画でも取り上げられることが多いです。
担当者は精一杯活動への準備や報告レポートをあげても、意外と他人事化されてしまうこのトピック。

さて、どうすればよいでしょうか?

活動報告だけでなく、関わっている人に焦点を当てる

《熱帯雨林に植樹活動を行っています》という記事では、活動内容を伝えることに集中してしまい、当事者以外は流し読みをしてしまいます。
そんな時は、《担当Aが植樹を成功させるまで》というような、活動自体に関わった人に焦点を当てて、活動のローンチから実施までを苦労話や、やり甲斐を含めたストーリーで展開してみましょう。

結局どうなるの?貢献度合いをきちんと伝える

社会貢献活動を行ったことで、ブランドイメージが向上したり、活動の結果、何がどのように変化したのかをグラフや数値で掲載すると自社で実施している社会貢献活動の意味合いを理解してもらうことができます。

他人事化している社員を巻き込む

他人事化してしまうのは、ずばり興味がないからです。興味が無い社員を複数招いて、自社の社会貢献活動に対して考える座談会を開いてみましょう。メンターとして、活動担当者からプロジェクトの詳細をプレゼンさせ、それについて自分達がどのように感じ、どのような気づきを得たのかを記事にしてみましょう。

CSRやIRなども、他人事化され、読み飛ばされてしまいがちです。しかし、企業における社会貢献は今や当たり前の時代。貢献が自分たちの生活に対してなんらかの形で返ってくることを自分事化させるツボを考え、企画をたててみることをオススメします。

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は、スポーツの祭典としてだけでなく、社会・環境・経済の持続可能性にも配慮しながら準備が進められ、持続可能な開発目標(SDGs)...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ