メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

カメラのISO感度と、 “ノイズ”のバランスを意識する。

2018.11.05

2015.02.12

こんにちは、カメラマンのオノッチです。
毎回、カメラに関する情報を発信しています。今回は「ISO感度」についてお話します。

ISO(イソまたはアイエスオー…言い方はどちらでもいいみたいです)

ざっくり説明すると暗い場所で明るく、そしてシャッタースピードをあげるために使うものです。ただISO感度を上げていくと“ノイズ”(写真上でザラザラした質感を感じさせるもの)が目立ってきます。機種によってノイズの出方も違いますし、人によって好みもありますので、どのくらいまで大丈夫かは撮影画像を見てご自身で判断してみてください。

詳しくはいつものNikonさんのページで
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/13/

 

★私のカメラでノイズの出方を比較してみたいと思います。

 

1

ISO 100で撮影した画像(SONY DSC-RX1)

 

部分拡大 1

2

 

部分拡大 2

3

並べて比較してみるとISO800あたりからノイズが出はじめますが気になるレベルではありません、個人的にはISO3200までなら普通に使えます。

ISO6400あたりで色が変わりはじめていますがディティール(輪郭)はまだあります。
ISO12800あたりでディティールが崩れはじめてISO25600では完全にディティールが無くなっています。

私の判断ではISO6400まではOK 。場合によってはISO12800もありかな? と、思います。

雑誌で新機種が出るとこんな比較画像がよく掲載されていますが、
「ノイズが出たらダメ」みたいな事がたまに書いてあります。

ホントにそうなのか?
答えはNOです!

高級なカメラでも高感度になればノイズなんてすぐに出ます。

個人的な考えですが、ディティールさえ残っていればPhotoshopなどがあれば後である程度なら直せます。つまり高感度でディティールが残っていれば「高感度に強い」カメラになると思います。

最近のデジカメには「ノイズリダクション」という機能があって、これをONにしておけばある程度ノイズを消して綺麗にしてくれます。(jpeg撮影の場合)C社やN社のノイズリダクションは結構優秀なのでノイズが出るのが嫌な方はONにしておきましょう。

メーカーは言えないのですがノイズリダクションをONにすると「油絵」みたいにしてしまうカメラもあります。それが嫌であればノイズリダクションOFF、または「RAW」で撮影することをオススメします。
綺麗重視かディティール重視かは、お好みで。

最後に逆の発想でノイズが入った方が雰囲気の出る写真を

カラーだと汚く目立つノイズもモノクロにするとフィルムっぽくなって雰囲気が出ます。

 

比較画像

 

4

 

5

それでは、また次回のカメラレッスンでお会いしましょう!

SHARE

新着記事

2021.04.30

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12選

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12...

春号の社内報制作も終わり、ひと段落といったところでしょうか。社内報の春号企画は、会社の大きなイベントと連動していることが多いかと思います。たとえば、新年度のキックオフレポート、入社式レポート、新入社員...

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ