メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

明るく綺麗な写真は、露出補正で撮る。

2018.11.05

2015.01.07

カメラマンのオノっちです。

今回は「露出補正」についてお話します。露出補正を使って明るく綺麗な写真を撮ってみましょう。

露出補正

露出補正とは、カメラが決めた適正露出から露出を変えて、写真を明るくしたり暗くしたりすることです。

撮影モードまたは露出モードP、S、Aを使えばカメラが自動的に適正露出に設定しますが、必ずしもカメラが決めた適正露出が、撮影者の意図する明るさの写真になるとは限りません。

そんなときに使うのが露出補正と呼ばれる機能です。
デジタル一眼レフカメラの場合、その場で撮影した画像を確認できますので、撮影した画像を見て、明るくしたければ+側に、暗くしたければ-側に露出補正して、撮影し直すことができます。 (Nikonサイトから引用)

 

lesson23_img01

 露出が暗くなってしまった画像

 

lesson23_img02

 +方向に露出補正、明るくなった画像

カメラでの表示例(Nikonサイトから引用)

 

lesson23_img03

カメラの露出補正画面

 

lesson23_img04

 

簡単に説明しましたが、いちいち設定を変えて撮って…みたいな…結構面倒ですね。

最近の一眼レフは機種によってこれを一度に撮ってしまう方法があります。

「オートブラケット」と言う機能です。
この機能を使うと一度のシャッターで3枚の露出を変えた写真が撮影できます。

Canonの機種ではこのように設定できるので参考にしてみてください。
http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/eosd/58250-1.html

 

lesson23_img05

 -2.0

 

lesson23_img06

0

 

lesson23_img061

 +2.0

 

どうでしょうか?

ただひとつ言わせてもらうとデジカメの液晶モニターは綺麗に見えてしまう「ウソつき」が多いのでPCに落としてからPCのビュアーソフトなどで確認することをオススメします。

 

 

SHARE

新着記事

2021.04.30

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12選

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|夏号に使える企画12...

春号の社内報制作も終わり、ひと段落といったところでしょうか。社内報の春号企画は、会社の大きなイベントと連動していることが多いかと思います。たとえば、新年度のキックオフレポート、入社式レポート、新入社員...

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ