メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

明るく綺麗な写真は、露出補正で撮る。

2018.11.05

2015.01.07

カメラマンのオノっちです。

今回は「露出補正」についてお話します。露出補正を使って明るく綺麗な写真を撮ってみましょう。

露出補正

露出補正とは、カメラが決めた適正露出から露出を変えて、写真を明るくしたり暗くしたりすることです。

撮影モードまたは露出モードP、S、Aを使えばカメラが自動的に適正露出に設定しますが、必ずしもカメラが決めた適正露出が、撮影者の意図する明るさの写真になるとは限りません。

そんなときに使うのが露出補正と呼ばれる機能です。
デジタル一眼レフカメラの場合、その場で撮影した画像を確認できますので、撮影した画像を見て、明るくしたければ+側に、暗くしたければ-側に露出補正して、撮影し直すことができます。 (Nikonサイトから引用)

 

lesson23_img01

 露出が暗くなってしまった画像

 

lesson23_img02

 +方向に露出補正、明るくなった画像

カメラでの表示例(Nikonサイトから引用)

 

lesson23_img03

カメラの露出補正画面

 

lesson23_img04

 

簡単に説明しましたが、いちいち設定を変えて撮って…みたいな…結構面倒ですね。

最近の一眼レフは機種によってこれを一度に撮ってしまう方法があります。

「オートブラケット」と言う機能です。
この機能を使うと一度のシャッターで3枚の露出を変えた写真が撮影できます。

Canonの機種ではこのように設定できるので参考にしてみてください。
http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/eosd/58250-1.html

 

lesson23_img05

 -2.0

 

lesson23_img06

0

 

lesson23_img061

 +2.0

 

どうでしょうか?

ただひとつ言わせてもらうとデジカメの液晶モニターは綺麗に見えてしまう「ウソつき」が多いのでPCに落としてからPCのビュアーソフトなどで確認することをオススメします。

 

 

SHARE

新着記事

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

コロナ禍の影響で様々なモノやコトがニューノーマルへと変化しました。特にリモートワークの普及により、同僚と顔を合わせる機会が大幅に減少した方も多いのではないでしょうか。そんな中、リモート環境下でも社内コ...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

WEB社内報を作成しているなかで、記事のサムネイルデザインがなかなか仕上がらず、悩まれている担当者の方も多いのではないでしょうか。従業員の目に留まるようなサムネイルデザインの作成は難しく、アクセス数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつく...

紙からWEBへ、社内報をリニューアルしたい!そんな思いも持たれている広報責任者様、ご担当者様は非常に多いのではないでしょうか。紙からWEBへ移行するメリットとしては、・デザイン制作、印刷、配送の工数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべし

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべ...

企業が発行する社内報はもともと紙媒体が主流でしたが、最近はオンライン上で閲覧できる「WEB社内報」を導入する企業も増えています。しかし、紙で配布される社内報とは異なり、WEB社内報を読むには社員が自ら...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ