メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

意外と難しい、読まれる「人物紹介」を作るポイント

2015.01.14

意外と難しい、読まれる「人物紹介」を作るポイント

社内報で取り上げるが機会が(多分)最も多いネタ、それは「人物紹介」です。その分、内容や見せ方について、悩みがちなネタでもあります。

今回は読まれるための人物紹介のページを作るポイントをご紹介します。 

「親近感」と「憧れ」を持たせる

紹介する方がどんな立場であっても、「親近感」と「憧れ」を持ってもらえる内容を盛り込むと、読み手を惹きつけ、読ませた内容を参考にしてもらいやすくなります。

例えば新入社員であれば、「性格」と「向上心」が伝わる内容、管理職であれば「過去の苦労話」と「現在の目標」といった内容で、読み手に読まれる人物紹介を目指しましょう。

「役立つアクション」と「背景」を描く

内容を読んで、読み手の方に何か響くものがなければ意味がありません。紹介する方の現在または過去の「アクション」の中でも読み手の方が取り入れやすいものを紹介し、読み手のアクションにもつなげましょう。

なぜ実施するにいたったか、どのような環境で行っているかという「背景」とともに、スケジュールや数字面についてもできるだけ具体的に掲載することで、より役立つ内容にすることができます。

 

人物紹介のネタを企画にする際は、紹介する方が伝えたいことよりも伝わることに重点を置いて原稿を見直してみることが大切です。

あなたもより読まれる企画作りを目指してみませんか?

 

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ