メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

拠点や支店の情報、どうすれば伝わる?

拠点や支店の情報、どうすれば伝わる?

従業員が100名を超えると社員間のコミュニケーションが難しくなると言われています。そんな背景の中、従業員数が千人・万人規模ともなれば拠点間や部門間でのコミュニケーションは困難を極めます。

一つの経営目標に向かって進むべき「同じ釜の飯を食う仲間」の情報は、距離は職種が離れることで更に届きにくくなります。目先の実務に追われる社員も「わざわざ他部署や拠点の情報を取りにいこう!」なんてモチベーションはありません。

 

今回は、表現を少し変えることで他人事として捉えがちになる「拠点や支店紹介」記事についておもしろ企画を1点ご紹介。離れた拠点や顔も知らない同僚に距離を近づけて共感させるアイデアです。

 

 

 

ポイント!
キャラクターやマスコットを使って情報を読みやすく!

 

 

 

lesson11_img01

 

 

一般的な拠点や部門紹介は、同期や顔見知り以外は自分の知らない社員が掲載されます。コミュニケーションの一般論として、認識したことの無い相手には、興味が湧かずになかなか目を走らせることができません。そんな時には企画を工夫することで「他人事」問題を回避しましょう。マスコットキャラクターを用いて、「第三者」の目から面白く伝えてあげことで、目を惹く効果が生まれ、自然と記事に目が走るようになります。毎号連載していくうちに名物企画になることもあるのです。

 

現場は異なれども、同じ経営目標の元で職務を全うする社員同士がお互いの「今」を知ることは、他者の情報を知り、我が身を振り返る良い機会になります。そこから派生する「気づき」や「アクション」を巻き起こすことができれば、社内報の記事企画として「成功」と呼べるでしょう!そのために「まずは読んで理解してもらう」ポイントを企画として味付けしてみるのも、一つの手です!

 

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は、スポーツの祭典としてだけでなく、社会・環境・経済の持続可能性にも配慮しながら準備が進められ、持続可能な開発目標(SDGs)...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ