メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

知っておきたい、デザイン用語

知っておきたい、デザイン用語

こんにちは、ディレクターのkojiです。
どんな業界にも専門用語というものがありますが、デザインの世界にもいろいろあります。
今日はその中でも誌面づくり(レイアウト)に使える専門用語を3つご紹介。

■Q数

文字の大きさの単位として、「級数」という言葉があります。1級=0.25mm(1ミリの1/4のサイズ)のこと。Quarter(クォーター)の頭文字を取って名付けられたそうです。
校正などの際に、「もう少し大きな文字サイズで」と書き込むところを、「2Qあげてください」と具体的に書き込む。う~ん、通ですね。
ちなみに、幅広い世代の方が読む社内報では、文字の大きさはある程度死守したいところ。一般的に本文の文字サイズは11~14Qくらいが妥当です。

■切り抜き、角版

四角い写真の中で、「人物」の部分だけをトリミングして、対象物の形に切り取ることを言います。文字と写真を自由にレイアウトできるようになるので、誌面に動きをつけたい時などに便利です。
最近、社内報でも取り入れられることが増えた人物の「切り抜き」。
下図をご覧ください。左が写真をそのまま使用した「角版」。右が「切り抜き」です。人物写真のすぐ近くにも原稿を載せることができるので、たとえば、人物が語っている雰囲気に作りあげることもできますね。

160613b

■カンプ

「カンプをお持ちしますね」とデザイナーさんに言われて、「はい、よろしく」と言ってみたものの、カンプってなに?と思ったことありませんか?カンプは、デザインデータをプリンターで出力したものです。

プリンターの環境によってデザイナーのイメージしている色と異なる色でコピーされてしまうことがよくあります。また、仕上がりがA4サイズの場合、PDFなどをA4サイズでプリントアウトすると思いますが、実際はA4サイズよりひとまわり大きなサイズでないと、実寸サイズを見ることはできません。
制作開始時の初校、印刷前の最終チェックの時に、カンプをもらい、「こんな色だと思わなかった!」「こんな大きさだと思わなかった!」といったイメージの大きなズレが生じないようにチェックするとよいでしょう。

さぁ、この3つの用語を使ってみましょう。
「人物写真は角版ではなく、切り抜きで使用。本文テキストは14Qで判読性を高くしてください。イメージを確認したいので、実寸カンプで出して」
こんな風に言われたら、「あ、この人デザイン基礎知ってるな」と思われることでしょう。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ