メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

知っておきたい、デザイン用語

知っておきたい、デザイン用語

こんにちは、ディレクターのkojiです。
どんな業界にも専門用語というものがありますが、デザインの世界にもいろいろあります。
今日はその中でも誌面づくり(レイアウト)に使える専門用語を3つご紹介。

■Q数

文字の大きさの単位として、「級数」という言葉があります。1級=0.25mm(1ミリの1/4のサイズ)のこと。Quarter(クォーター)の頭文字を取って名付けられたそうです。
校正などの際に、「もう少し大きな文字サイズで」と書き込むところを、「2Qあげてください」と具体的に書き込む。う~ん、通ですね。
ちなみに、幅広い世代の方が読む社内報では、文字の大きさはある程度死守したいところ。一般的に本文の文字サイズは11~14Qくらいが妥当です。

■切り抜き、角版

四角い写真の中で、「人物」の部分だけをトリミングして、対象物の形に切り取ることを言います。文字と写真を自由にレイアウトできるようになるので、誌面に動きをつけたい時などに便利です。
最近、社内報でも取り入れられることが増えた人物の「切り抜き」。
下図をご覧ください。左が写真をそのまま使用した「角版」。右が「切り抜き」です。人物写真のすぐ近くにも原稿を載せることができるので、たとえば、人物が語っている雰囲気に作りあげることもできますね。

160613b

■カンプ

「カンプをお持ちしますね」とデザイナーさんに言われて、「はい、よろしく」と言ってみたものの、カンプってなに?と思ったことありませんか?カンプは、デザインデータをプリンターで出力したものです。

プリンターの環境によってデザイナーのイメージしている色と異なる色でコピーされてしまうことがよくあります。また、仕上がりがA4サイズの場合、PDFなどをA4サイズでプリントアウトすると思いますが、実際はA4サイズよりひとまわり大きなサイズでないと、実寸サイズを見ることはできません。
制作開始時の初校、印刷前の最終チェックの時に、カンプをもらい、「こんな色だと思わなかった!」「こんな大きさだと思わなかった!」といったイメージの大きなズレが生じないようにチェックするとよいでしょう。

さぁ、この3つの用語を使ってみましょう。
「人物写真は角版ではなく、切り抜きで使用。本文テキストは14Qで判読性を高くしてください。イメージを確認したいので、実寸カンプで出して」
こんな風に言われたら、「あ、この人デザイン基礎知ってるな」と思われることでしょう。

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は、スポーツの祭典としてだけでなく、社会・環境・経済の持続可能性にも配慮しながら準備が進められ、持続可能な開発目標(SDGs)...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ