メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報のリニューアルを考える前に知っておくべきこと

2021.01.20

2015.12.07

先週の「社内報バージョンアップセミナー」で、ご参加頂いた担当者の方から、「体系的にその役割を考えたのは初めてでした」「目から鱗でした」といった有難い感想を頂いたのですが、これらのやりとりであらためて思ったことがあります。

それは、社内報を発行する目的、誌名の由来、込められた想いなど、作る上で知っていなければならないことを、全く引き継がれないまま担当者になってしまった方があまりにも多い、ということです。

前任の方と完全に入れ違いという形で担当になるケースも多いため、中には編集作業自体も手探りという方もいらっしゃいます。

そんな状態で、果たしていいものはできるのでしょうか?
もっといい社内報にバージョンアップできるのでしょうか?

皆さん、「社内報をもっと良くしたい」という気持ちは強く持っていらっしゃいます。でも、具体的にどうしたらいいのかわからず、弊社のセミナーにご参加頂き、そこでやっと整理できるようです。今回のセミナーでも、終了後にみなさんスッキリした表情をされていたのが印象的でした。

ただ、ここからが本当の勝負です。セミナーで整理できるのは、社内報を作る上で「今はっきりしていること」「これから決めなければならないこと」「変えなければならないこと」です。それぞれを社内でコンセンサスを取り、方向性を決め、動かして形になってはじめて効果を問うことができるのです。

そのための第一歩がこのセミナーだったのです。でも、「どうしていいかわからない」状況から考えれば、大きな前進です。

もし、きちんと引き継ぎがされないまま担当者になってしまったなら、一度わかる方に聞いてみて下さい。目的や役割を見失ってるのであれば、トップの方や発行責任者の方と話し合ってみて下さい。あやふやにしたままでは、社内報のバージョンアップはできません。

いきなり企画やデザインのことを考えるのではなく、まずは根本から見直すことから始めましょう。

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ