メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

読み手を引き込む物語性②

2015.05.22

読み手を引き込む物語性②

アシスタントディレクターのちっしーです!

前回は「物語」の少ない文章について考えてみました。
今回は逆に、「物語」を入れ込みすぎてしまう場合をみていきましょう。

以下の例文を読んでみてください。

きれいな花の咲いている、広い庭がある赤い屋根の家に、かわいい双子の赤ちゃんが生まれました。

さて、どんな印象を受けましたか?
花、庭、家などの名詞それぞれが修飾されているので、「どんな・なにが」というモノに関する具体的なイメージはできます。
しかし文章全体でみると平坦で抑揚が無く、結局どこが一番重要なのか、いまいちわかりませんね。
たくさんの情報を、あれもこれも……とすべて平等に盛り込もうとすると、かえって印象の薄い文章になってしまうのです。

読み手の情報過多を避けるため、
伝えたいポイントは明確に定め、それに応じて文章を組み立てましょう。 たとえば、

<ポイントが「家」のとき>

双子の赤ちゃんが生まれた家は、赤い屋根で、きれいな花の咲く広い庭があります。
(赤ちゃんの情報を家の修飾として使い、さらに特徴を挙げる)

<ポイントが「赤ちゃん」のとき>

赤い屋根の家に、かわいい双子の赤ちゃんが生まれました。庭にはきれいな花が咲いています。
(赤ちゃんのイメージで一旦切る。次に庭の様子を添えることで雰囲気を出す)

などなど。
表現を削ったり句読点の位置を変えたり、あるいは前後を入れ替えたり。いろいろ動かして、書き手の意図が伝わるベストな「物語」を探してみましょう! 

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。2020年、いよいよオリンピックイヤーがスタートしました。3月には福島県から全国へと聖火リレーのランナーが出発!夢の舞台の始まりを心待ちにしている人も多いと思います。東京20...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ