メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報に使いたい写真 ~続-撮影の際に注意しておきたい設定~

2015.04.13

社内報に使いたい写真 ~続-撮影の際に注意しておきたい設定~

こんにちは!ディレクターのnemoです。

今回は前回紹介をさせていただいた、社内報で使用する写真を撮るためのカメラの「設定」について、「一眼レフカメラ」を使用する場合の気をつけておきたいポイントを紹介させていただきます!

前回は「コンパクトデジタルカメラ」を使用する場合というところで、撮影の際のサイズ設定というポイントを紹介させていただきましたが、今回は同じサイズという点と「形式」というポイントを加えて、紹介させていただきます。

まず「サイズ」について、こちらは前回のコンパクトデジタルカメラ同様、撮影後に写真自体の補正や編集という作業が入ることを想定し、大きめのサイズで設定されることをおすすめいたします。

一眼レフカメラの場合、コンパクトデジタルカメラに比べ、画素数が大きいため、同じサイズ感でも綺麗に撮れるということもありますが、写真には画素数のほか、解像度(画素の密度をあらわす)という写真の仕上がりを左右させる要素もあるため、その点に注意し、サイズ設定をセレクトしてもらえればと思います。

また「一眼レフカメラ」に関しては、サイズ以外に「形式」という部分も写真を撮る上で注意しておきたい点となるのですが、殆どの場合「jpg」という形式で設定されているのが一般的で、撮影後すぐに写真を使用できるという利点があります。

ただし、もし撮影後に写真を大きく引き伸ばすこともあるかも・・ということがあるのであれば、その場合は撮った写真のデータを、素(未加工)の状態で残せる「RAW」という形式に設定をされることをおすすめいたします! これはコンパクトデジタルカメラでは出来ない設定となっています。

「RAW」形式とはいわゆる「ベタ画像」というもので、先に説明をした「jpg」画像を生成する(jpgはデータが圧縮された状態)元の画像となるため、必然的にサイズ容量の大きいものとなります。

ちなみに「RAW」形式で撮影されたデータは、そのまま使用することが出来ず、基本的に専用ソフトを使用して「jpg」などの圧縮形式に現像(変換)を必要とします。 そのため、もし大きなサイズでデータを残すことを目的となるのであれば、「RAW」形式の撮影設定をするほかに、その後の現像環境も整えておかなくてはならないことに注意しておきましょう!

なお、生の写真データを現像するという点に関し、これはすでに圧縮処理された「jpg」形式のデータを編集するよりも、より綺麗に画像の加工や補正処理の出来る環境にもなるため、一連の流れが分かると、より「写真」を綺麗に撮る&仕上げるということに面白みを感じていただけるかと思います!

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

それでは、今回はここまで。
次回をお楽しみに!

SHARE

新着記事

2021.01.21

社内報の取材を円滑に行うための秘訣~事前準備・取材本番・取材後まで~

社内報のつくりかた

社内報の取材を円滑に行うための秘訣~事前準備・取材本番・取材後まで~

社内報の取材を円滑に行うための秘訣~事前準備・取材本番・...

この記事では、社内報取材を円滑に実施できるよう気をつけておきたいポイントをご紹介させていただきます!リアル取材でも、オンライン取材でも使える8つのポイントをしっかりおさえて、魅力的な記事を書きましょう...

2020.11.18

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?...

社内報の新年号といえば、「年頭所感」や「新年の抱負」。恒例で載せなければならない企画が多い一方で、毎年同じ見せ方になってしまって頭を悩ませている社内報担当者も多いのではないでしょうか。一方で、今年は新...

2020.10.07

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報のつくりかた

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報原稿の社内確認や制作会社とのやりとりで、こんな経験をされたことはありませんか?修正指示を書き込んだが、間違って伝わってしまった。修正指示を見落とされてしまった。校正紙の指示だけでは分からないと制...

2020.09.30

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報のつくりかた

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報の“リニューアル”といっても、新しい企画を立ち上げて反応を見るという比較的すぐに実行できる方法もありますし、表紙を含めてデザインや内容を大きく刷新する方法もあります。社内報をリニューアルする前に...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ