メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報に使いたい写真 ~撮影の際に注意しておきたい設定~

2015.04.07

社内報に使いたい写真 ~撮影の際に注意しておきたい設定~

こんにちは!ディレクターのnemoです。

今回は社内報で使用する写真を撮るために、カメラの「設定」という部分で気をつけておきたいことを紹介させていただきます。

まずは撮影を始める前に今から使おうとするカメラのメニュー画面を開いてみてください。その中で今回は画像のサイズについて、確認をしておきたいと思います。

使用するカメラによって、画像サイズの表示の仕方が異なることもあるかと思いますが、まずは「コンパクトデジタルカメラ」の場合。

「コンパクトデジタルカメラ」での画像サイズ設定の際、「1M」「3M」などと表示が出てくるかと思いますが、表示の補足に「640×480ピクセル」というものあり、このピクセルという単位については、分かりやすく『ピクセル数…多い=高画質』と覚えておくといいかと思います。

デジタルカメラで撮影された写真はピクセルという点に変換され、ピクセル数が多いほど微妙な色の違いが記録できるようになり、その結果、高画質なデータが生成されるというものになるのです。

高画質になればなるほど、画像自体の容量も大きくなり、サイズの設定次第でメモリーカードの容量に応じ、撮れる枚数も変動してくるところではありますが、社内報に使う写真に関しては、撮影後、必要に応じて写真を加工、編集したりなどの作業も出てきますので、是非できる限り大きなサイズで設定しておくことをおすすめいたします。

個人的に「5M」以上、もしくは「長辺を2,000ピクセル」以上にしておくと、あとに支障が出にくいかと思うので、目安にしておくといいのではないかと思います。良い写真を撮ることができても、設定サイズが小さくなってしまうと、結果、大きく引き伸ばすことが難しく、社内報に使うことができない…なんて状況に陥る恐れもあるので、是非気をつけてくださいね!

ということで、今回はデジタルコンパクトカメラの場合を例に挙げ、撮ることではなく、「撮るために」というところでの注意点をご紹介させていただきました。

ではでは、次回をお楽しみに。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.26

これからの時代のグローバル社内報

社内報のつくりかた

これからの時代のグローバル社内報

これからの時代のグローバル社内報

こんにちは!かわうそです。今回のテーマは「グローバル社内報」です。全社的に発行している社内報だけでなく海外支店向けに独自に社内報を制作している企業も多いのではないでしょうか?さまざまな国籍の社員が働く...

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ