メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報での「グローバル」化を考える。その2

2015.07.06

社内報での「グローバル」化を考える。その2

こんにちは。ディレクターのkojiです。
前回、社内報での『グローバル』化についてお話しました。今回はそのつづきになります。

社内報のグローバル化を考えた場合、
読んでもらいたい読者は誰なのか?国内で働く「日本人」従業員か、海外で働く「日本人」従業員か、それとも「外国人」の従業員か。

「外国人」の従業員の場合、まずは、読者の文化を理解すること、同時に日本の文化への理解もはかる企画を盛り込みましょう。もし、日本文化への理解が薄いと誤解を招く内容になることも考えられますので注意が必要です。次に、相手の立場に立つことが大切です。

例えば、部品工場で働く従業員は、自分が作っている部品が、どのように実際使われているのか知らないかもしれません。その部品が国内人気ナンバー1の商品の部品と知ったら、どうでしょう?もしかしたら、その仕事に就いていることに誇りを持ち、やる気をみなぎらせるかもしれません。

【企画例1】「○×部品が、お客様に届くまで」

○×部品が作られることになった背景、製造工程、国内へ輸入され、商品化されるまでの一連の流れを見せる企画を立ててみてはいかがでしょう。

【企画例2】「こんなトコロに、○×部品」

商品を掲載しつつ、どんな部分に○×部品が使われているのかを具体的に示します。またその商品がどんな場面で使われているか、実際使っている人の声なども一緒に掲載してあげる企画を立ててみてはいかがでしょう。

 

外国人従業員に対しても、日本人従業員と同様に、企業理念の浸透や情報共有だけではなく、モチベーションアップ、グループとしての連帯感の醸成に、社内報は有効なツールとなるはずです。言葉や文化、習慣の壁を超えて、ぜひ企業の熱い想いを届けていきましょう!

 

 

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は、スポーツの祭典としてだけでなく、社会・環境・経済の持続可能性にも配慮しながら準備が進められ、持続可能な開発目標(SDGs)...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ