メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報での「グローバル」化を考える。

2015.06.22

社内報での「グローバル」化を考える。

こんにちは。ディレクターのkojiです。
最近お会いする社内報担当者のお客さまからよくいただくのが、「企業のグローバル化に伴って、経営層から社内報も『グローバル化』をするように言われています。どうしたらよいでしょうか?」というご相談。

この『グローバル化』には、いくつかの意味が含まれているのですが、一番の目的はどのようなことでしょうか?グローバル化した場合に一番読んでもらいたい読者は誰でしょうか?考えてみましょう。

国内の企業情報を海外で働く「日本人」従業員に共有したい

この場合は、現在国内で制作している社内報をそのまま増刷して届ける、あるいはWEB社内報で伝える形がよいかと思います。タイムリーな情報でなくとも企業がどんな活動をしていて、どんな方向へ向かっているのか、情報のボリュームを変えずに伝えてあげましょう。

海外の企業情報を国内で働く「日本人」従業員に共有したい

この場合は、国内の従業員の方々に海外を意識させることが目的です。そこで「海外事業所だより」という企画を立ててみてはどうでしょうか。現地の従業員に原稿依頼して、今、現地でどんなことを行っているか?レポートで届けてもらいましょう。

企業情報を、国内外の「外国人」従業員に共有したい

これが一番難しいパターンです。「外国人」の従業員の場合、まずは、読者の文化を理解すること、同時に日本の文化への理解もはかる企画を盛り込みましょう。もし、日本文化への理解が薄いと誤解を招く内容になることも考えられますので注意が必要です。次に、相手の立場に立つことが大切です。

 

150622__

 

例えば、部品工場で働く従業員は、自分が作っている部品が、どのように実際使われているのか知らないかもしれません。その部品が国内人気ナンバー1の商品の部品と知ったら、どうでしょう?もしかしたら、その仕事に就いていることに誇りを持ち、やる気をみなぎらせるかもしれません。

【企画例1】「○×部品が、お客様に届くまで」

○×部品が作られることになった背景、製造工程、国内へ輸入され、商品化されるまでの一連の流れを見せる企画を立ててみてはいかがでしょう。

【企画例2】「こんなトコロに、○×部品」

商品を掲載しつつ、どんな部分に○×部品が使われているのかを具体的に示します。またその商品がどんな場面で使われているか、実際使っている人の声なども一緒に掲載してあげる企画を立ててみてはいかがでしょう。

外国人従業員に対しても、日本人従業員と同様に、企業理念の浸透や情報共有だけではなく、モチベーションアップ、グループとしての連帯感の醸成に、社内報は有効なツールとなるはずです。言葉や文化、習慣の壁を超えて、ぜひ企業の熱い想いを届けていきましょう!

SHARE

新着記事

2020.11.18

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?...

社内報の新年号といえば、「年頭所感」や「新年の抱負」。恒例で載せなければならない企画が多い一方で、毎年同じ見せ方になってしまって頭を悩ませている社内報担当者も多いのではないでしょうか。一方で、今年は新...

2020.10.07

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報のつくりかた

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報原稿の社内確認や制作会社とのやりとりで、こんな経験をされたことはありませんか?修正指示を書き込んだが、間違って伝わってしまった。修正指示を見落とされてしまった。校正紙の指示だけでは分からないと制...

2020.09.30

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報のつくりかた

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報の“リニューアル”といっても、新しい企画を立ち上げて反応を見るという比較的すぐに実行できる方法もありますし、表紙を含めてデザインや内容を大きく刷新する方法もあります。社内報をリニューアルする前に...

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ