メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報担当ビギナー必見!≪制作に入る前に行いたい3つのこと≫

社内報担当ビギナー必見!≪制作に入る前に行いたい3つのこと≫

はじめまして、いぐあなです。
この春から、初めて社内報を担当することになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそんな社内報担当ビギナーの方に、ぜひ読んでいただきたい内容です!

<制作をはじめるぞ!最初に取り掛かるべきことは?>

とりあえず、表紙を決める?それとも企画を考える?
正直何から手をつければよいのかわからない…
でも仕事だからとりあえず進めなきゃ…と思っているあなた!

ちょっとまって!!

とにかく何か動かなきゃ!と思う気持ちはわかりますが焦りは禁物です。
あやふやなままで進めてしまい、最終的に遠回りになってしまった…ということがないように 制作前にするべき【準備運動】を3つご紹介いたします。

① \過去号を熟読しよう/

当たり前のことですが初心者ならば、経験値は0。でも心配はありません。
そんな時は過去に作られてきた社内報が教科書。
どんな企画があったのか?見やすいページの共通点は何か?など、 作り手からの視点で読み込むと、新しい発見や気づきがあるはずです。特に前年度の同じ時期に発行されている号は、旬の企画が載っているのでとても参考になります。必ず目を通しましょう。

② \社内事情をおさえよう/

社内の方々の協力があってこそ成り立つ“社内報”ですから、気配りも重要です。 出来ることの一つとして、予め下記のような情報を仕入れておくと良いでしょう。 ■○○系の企画は過去ボツになっている。

■✖✖部署へのお願い事は、△△さんを通して。

いわゆる社内の“タブー”を把握しておくということです。
少しネガティブな内容にも思えますが、のちのスムーズな進行のためにも 社内事情を把握しておくことは大切です。身近に社内報の前任者がいるならばその方に聞いてみるのがベストですね。

③ \スケジュールを立てよう/

発刊日が決まっている場合、その日から逆算して考えてみましょう。
(意外に時間がない!と思う人も多いはず。)

ざっくりとしたものでも構いません。スケジュールを立てることで、どの部分にどれだけの時間とパワーをかけられるかが見えてきます。

いかがでしたか?
意外と忘れがちな【準備運動】ですが、すぐに取り掛かれることもあると思います。
しっかり準備をして(焦る気持ちも落ち着けて!)制作に入ることが、より良い社内報を作る第一歩です!
ぜひ、試してくださいね。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ