メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

Web社内報を進化させるミツバチのお話

2015.11.25

Web社内報を進化させるミツバチのお話

こんにちは、プロデューサーのkitaです。

日々、Webのコミュニケーションが進化しているなかにあって、Web社内報ご担当者様が機能拡張の検討に入るという事が、少なからずあります。 

ブログや動画コンテンツの導入など。大抵の場合、大掛かりなシステムリニューアルとは違うレベルでのささやかな機能の追加想定での検討なのですが、情報システム部門との連携が壁になってしまい計画がストップしてしまっている場合がよくあります。

情報システム部門との打ち合せをしてみるものの「専門用語がわからない。説明しても社内報ご担当者様の意図がうまく伝わらない」などがその理由です。

Web社内報の運用方法には、デファクトスタンダードというものはなく企業様によって様々なのですが、それには関係なく、ほとんどのWeb社内報ご担当者様は「新しいことをしようとすると大変」と口を揃えて言います。

社内報ご担当社様の部門と情報システム部門のコミュニケーションが分断されてしまっているケースに起こりえる事なのですが、そのような場合は、弊社のような社内報制作のコンサルをしている外部のパートナーに相談することをお勧めします。多くの企業様での部門間調整に慣れているパートナーが部門間のハブとなる事で、調整事項が伝言ゲームにならずに正確に伝達され計画が円滑に進められるようになるからです。

情報システム部門との円滑なコミュニケーションをとっていくことがWeb社内報を進化させるには非常に大切なことです。Webの社内報の場合、計画がストップしてから1〜2年があっという間に経ってしまったというケースも少なくありません。そのような事になってしまう前に、社内広報部門と情報システム部門を受粉させてくれるミツバチかと思って、社内報を専門とするパートナーへの依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

いっきに計画は進み始めます。

 

 

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。2020年、いよいよオリンピックイヤーがスタートしました。3月には福島県から全国へと聖火リレーのランナーが出発!夢の舞台の始まりを心待ちにしている人も多いと思います。東京20...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ