メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

印刷に必要な「予備紙」の存在。

2018.11.05

2015.11.26

こんにちは。うさ田です。
今回は印刷時に必要な「予備紙」についてお話ししていきたいと思います。

皆さんは、印刷を行う際は必要な印刷枚数に加えて、一定枚数の予備紙を一緒に用意していることをご存じでしょうか?

この予備紙、実は非常に大事な存在なのです。

例えば…

刷り出し
→ 目指している色を出すための調整に使います。印刷機は一般用のプリンターなどとは異なり、濃度の調整や版の位置の微妙な調整で、色が変わってきてしまいます。そのため、準備段階で「刷り出し」と呼ばれる予備紙が必要です。

印刷中
→ 印刷の途中に定期的に抜き出して、異常がないかチェックするために使います。途中で版の位置がずれていないか、色の濃度が変わってしまっていないかなどを確認し、必要に応じて調整します。

加工・製本用
→ 印刷した大きな用紙を折ったり、綴じたりするなど仕上がりの形状に加工・製本する時に使用する予備です。

見本用
→ 実際に必要な数以外に、見本として担当者の方にお渡しするサンプルをつくる時に使用します。

などのように、いくつかの工程で予備紙が必要になります。

印刷を行う側からすると、部欠(必要な部数が刷り上がらない)を避けるために予備紙は多い方が好ましいのですが、その一方で予備紙を多くしてしまうと、その分の用紙代が高くなってしまうため、コスト面ではなるべく予備紙を少なくしたいと考えます。

さて、予備紙はどれ位必要になるのでしょうか?色数や使用する用紙、加工などにもよって違いますがフルカラーの4色で印刷する際には、1色につき100枚(計400枚)というように考えるのが一般的です。
この考え方でいうと4色で100枚印刷するには500枚の用紙が必要ということになります。

コスト・生産性の両面を向上させるために、なるべく少ない予備紙で作業できるように印刷工場は日々努力をしています。

 

 

SHARE

新着記事

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

2021.02.03

社内報のつくりかた

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

社内報校正・校閲の鬼門 !「名前と数字」を確認するコツ

校正・校閲で最も皆さんがミスするのは、商品や人の「名前」と業績やマーケットの「数字」です。これだけは、印刷物なら間違えると必ず刷り直しになります。この特に注意が必要な「名前」「数字」を校正・校閲作業時...

2021.01.28

社内報のつくりかた

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春の「社員紹介」企画とは?

【無料DLあり】社内報の企画・ネタ|コロナ禍でもできる春...

春に発行する社内報の制作が進行し始める時期となりました。社内報の「春号」といえば、キラーコンテンツの集まり。たとえば、新年度のキックオフイベントや入社式のレポート、そして新入社員紹介。社内報担当者とし...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ