メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の協力体制は、どんな風につくる?

社内報の協力体制は、どんな風につくる?

こんにちは、ディレクターのkojiです。
先日、1年前に社内報のリニューアルを行ったという広報担当者さまから、次のような話をお聞きしました。「リニューアルして社内報を読んでもらえるようになってきたと思うが、社員が積極的に企画に参加してくれるところまでには至らなかった」と。

そもそも、社員はどのようなことに関心があるのでしょうか?どのようなことだったら積極的に意見を述べてくれそうでしょうか?次のステップに向かうためにすべきこと。それは、社員の生の声に耳を傾けることだと思います。

そこで、社員の意見や感想の集め方について、代表的なものを3つご紹介します。

1.編集委員制度

各部署の代表として1名ずつ選定するのが一般的。社内報に必要な情報提供や企画の立案などを行います。編集委員には、一つ一つの企画に対して意見・感想を聞くことができます。また、社内報の作り手として、「会社を変える社内報を作ろう」という個人の成長を促すことにも役立ちます。

2.モニター制度

年代や性別、階層などに偏らないように選定するのが一般的。任期を決め、社内報を発行したら必ず意見をもらうことを約束しておきます。社内報への高い意識を持った社員からの意見が求められる、また、長期的な視点で継続的に情報収集・意見交換ができます。さらに、モニターも社員の一人ですので、社内報を自ずと読ませる機会にもなり、それは未来の社内報ファンづくりにもつながります。

3.読者アンケート

誌面上でアンケートコーナーをつくる、別紙でアンケート用紙を挟み込む、または社内報発行後にメールでアンケートを依頼、などの方法があります。読者アンケートでは、社内報を読んでいない社員の意見を吸い上げることが難しいために偏った意見になってしまう可能性もありますが、ランダムな回答は作り手には気づけない社内報の良い面、悪い面を教えてくれます。
ちなみに、無料のWEBアンケートフォームはコチラの記事もご参考ください。

意見を集める環境を作る、それが社内報の次なるステップの第一歩になります。“デザイン”や“企画”のリニューアルという目の前の変化に留まらず、読者である社員を置きざりにしない社内報づくりを考えていきましょう。

 

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.09.27

社内報で産休・育休・介護休職中の社員をサポートしよう!

社内報のつくりかた

社内報で産休・育休・介護休職中の社員をサポートしよう!

社内報で産休・育休・介護休職中の社員をサポートしよう!

こんにちは!かわうそです。今回は出産・育児・介護といったライフイベントで一時的に会社を休んでいる社員に向けて社内報でどんな情報発信をしていけばよいか?をテーマに取り上げます。仕事・家事・育児・介護と仕...

2019.08.29

会社を未来へ導く!社内報の「周年事業企画」

社内報のつくりかた

会社を未来へ導く!社内報の「周年事業企画」

会社を未来へ導く!社内報の「周年事業企画」

こんにちは!かわうそです。今回は「周年事業」をテーマに取り上げてみたいと思います。創立30周年や50周年など周年を迎えるにあたって、これまでの「会社の歩み」をまとめたり、「未来へのビジョン」を紹介した...

2019.07.30

社内報の自己PRはどうするべき?取り入れるべきアピールポイント

社内報のつくりかた

社内報の自己PRはどうするべき?取り入れるべきアピールポイント

社内報の自己PRはどうするべき?取り入れるべきアピールポ...

※更新 2019年7月30日社員の自己紹介は社内報の企画の定番です。社内報には「社員同士がお互いのことを知る」という役割もあります。既存の社員は新しく入社した社員を知ることができ、新しく入社する社員も...

2019.07.25

社内報と採用広報

社内報のつくりかた

社内報と採用広報

社内報と採用広報

こんにちは!かわうそです。2020年度入社予定の採用試験も一段落した頃でしょうか。就活の早期化が進み、2022年度入社からは通年採用の拡大により、企業から学生にどのような情報を発信していくかはとても重...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ