メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

効率的なアウトプットについて

効率的なアウトプットについて

こんにちは。shibaです。

先日、知り合いの弁護士と食事をした時の話です。テーマが司法試験になり、「試験のハードルを越えるには、何が大事か」ということが話題になりました。

多くの試験勉強では、「インプット」と「アウトプット」の両方が必要です。ただし、“どちらが大事か”ということになると、試験によってやや異なるようで、司法試験では、圧倒的に「アウトプット(記述)」が大事なのだそうです。

彼曰く、「インプット(暗記)」は、ある程度の学習経験があれば、根性でできる、と。
問題は、「アウトプット」。試験には時間制限があるので、求められる回答の論点を短時間で整理し、いかに効率的な「アウトプット」ができるかが合否のカギを握るそうです。

また、この「インプット」と「アウトプット」、スキルとしては別物のようです。実際、「インプット」はできても「アウトプット」ができない人が非常に多く、周囲から“知の巨人”と呼ばれるくらい、驚くほどの知識量を持つ人でも、試験にまったく受からない人もいるのだそうです。

さらに、いわゆる天才や秀才と周りから呼ばれる人ほど、効率的な「アウトプット」に異常なくらい心血を注ぐ(彼の表現を借りれば、“恐ろしいほど努力していた”そうです)とのこと。

以上の話は、司法試験がテーマでしたが、この「アウトプット」の重要性や効率的な「アウトプット」は、なにも司法試験に限った話ではありません。ビジネスマンなら日常的に求められるスキルですし、企画書作成や取材インタビューといった、社内報制作の現場でも同様のことが言えると思います。

―論点を整理し、簡潔にまとめる―

ちなみに、このアウトプットの極意、みなさん、知りたくないですか?
答えは、ひたすら繰り返し訓練するしかないそうです(彼自身、血の滲むような努力をした結果、その能力を培ったようです)。「学問に王道なし」ということでしょうか。

と偉そうなことを言いつつ、今回のこの記事が簡潔にまとまっているか、心配ではありますが…。

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。2020年、いよいよオリンピックイヤーがスタートしました。3月には福島県から全国へと聖火リレーのランナーが出発!夢の舞台の始まりを心待ちにしている人も多いと思います。東京20...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ