メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

『ことばのスクラップブック』を作りませんか?

2015.11.06

『ことばのスクラップブック』を作りませんか?

こんにちは、ADちっしーです!
朝、通勤電車で本を読んでいると、こんな一節がありました。

かりに家が住む道具であるとしてもそれは個別の道具の和ではない。物と物の空白、行為の概念のあいだには私たちの意識と無意識が途方もない空間と時間をひろげているものである。
(多木浩二『生きられた家 経験と象徴』青土社,1984,p99)

民家を中心とした建築物の構造から、人間の文化や精神の構造を解き明かそうとするおもしろい本なのですが、前掲の部分については建築という領域だけでなく、文章についても同様のことが言えるのではないかと感じました。

つまり文章とは文字の単純な和ではなく、個人によってひとつひとつが選び取られる背景、言葉と言葉が並ぶことで発生するイメージ、などなどが単なる文字の集積ではない無限大の世界をかたちづくる……的なスペクタクル展開が、ちっしーの中でありました。そして最寄り駅に着きました。

日常、ふと心惹かれるフレーズに出会うことってありますよね。私は、素敵だなと感じた時、感動を覚えているうちにノートへ書き留めるようにしています。使うのは、普通の大学ノート。該当部分を書き写し、本のタイトルと著者名を添えておきます。様々なメディアから切り貼りした言葉のアルバム。私は、「ことばのスクラップブック」と勝手に名付けました。

簡単な繰り返しなのですが、量が溜まっていくと、オリジナル名言集が出来上がります。内容の興味深さだけではなく、短い文章に重みをもたせる言葉遣いの巧みさ、鮮やかさをしみじみ思い知らされるし、自分はこういう雰囲気の文章が好きなのか、という新たな発見も。

本、雑誌、新聞、テレビ。もっとリラックスして、好きな音楽やマンガ。あるいは、家族や友人からのメールなんかでも良いですね。気になったら、すかさずメモメモ。こまめに続けることで語彙力が向上したり、ちょっとした言い回しのトレーニングになるので、おすすめです!

ただ、ひとつルールを設けましょう。

それは、必ず手で書く、ということ。

自分の体と頭を動かすと、著者の気持ちに寄り添うことができる、ような気がしませんか?
キーボードで打ち込むより手間ですが、どうせ大した文字量ではありません。ちょっと我慢をして、じっくり書いてみましょう。
きっと大切な記録になるはずです。

SHARE

新着記事

2020.10.07

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報のつくりかた

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報原稿の社内確認や制作会社とのやりとりで、こんな経験をされたことはありませんか?修正指示を書き込んだが、間違って伝わってしまった。修正指示を見落とされてしまった。校正紙の指示だけでは分からないと制...

2020.09.30

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報のつくりかた

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報の“リニューアル”といっても、新しい企画を立ち上げて反応を見るという比較的すぐに実行できる方法もありますし、表紙を含めてデザインや内容を大きく刷新する方法もあります。社内報をリニューアルする前に...

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ