メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

新年を迎えるその前に ~2015年の振り返りネタ10選~

2015.12.17

新年を迎えるその前に ~2015年の振り返りネタ10選~

こんにちは!ディレクターのタカエです。

2015年は未(ひつじ)年でした。覚えていましたか?
年末が近づくにつれ、2016年のことが気になり始める今日この頃。過去のことなんて振り返らない…!そんな姿勢は素敵ですが、過去を振り返ることで得られるものも必ずあります。

今回は、新年号で2016年に向けたネタとセットで掲載したい「2015年の振り返り」ネタ。
私が担当する今年最後の記事ということで、10個大放出してご紹介してします!

★1 2015年「深イイ話」特集
さまざまな社員が語る、社内外で体験した・耳にしたちょっといい話をまとめて紹介!写真の誰かの心に響く話があるかも?

★2 できたこと、できなかったこと
2015年当初に立てた新年の抱負を振り返り、達成できたこと、できなかったことを語る。ぜひ2016年の目標に繋げましょう。

★3 2015年の10大ニュース
2015年に会社で起きたスゴイニュース、部署であった驚きニュースなど、さまざまな会社の単位で紹介すると面白そうです。

 ★4 1年を漢字一文字で表すと?
日本漢字能力検定協会が毎年発表している、今年の世相を表す漢字は「安」でした。あなたの会社はどんな漢字になりそうですか?

★5 わが社の流行語大賞
ユーキャン新語流行語大賞では、「爆買い」と「トリプルスリー」が年間大賞に選ばれました。社内で流行した言葉も調べてみましょう!

★6 選抜総選挙~一番●●だったのは誰だ!?~
「一番輝いていた人」「一番社内カイゼンに貢献した人」「一番楽しそうだった人」「一番反省した人」など、社員投票で決定!

★7 2015年●●ランキング
「社員に人気の商品」「イケメン」「社食で人気のメニュー」「売り上げ上位の案件」など、テーマ次第で幅が広がります。

 ★8 全社員アンケート~2015年を大調査!~
年齢・性別・家族構成などの属性から、仕事の満足度、悩みや目標、会社に求めることまで、全社員の2015年を総決算してみませんか?

 ★9 「●」で振り返る2015年
「商品・サービス」「社員」「写真」「社内イベント」など、さまざまな切り口で2015年を振り返る企画はいかがでしょうか。

 ★10 2015年を振り返ろう座談会
経営層で集まったり、役職者で集まったり、はたまた入社1年目の社員で集まったり。座談会で2015年を深く掘り下げてみましょう。

 

皆さんにとっての2015年は、どんな1年でしたか?「色々あったけど、楽しい1年だった」そんな風に感じる方が多いといいな、と思います。
2015年の社内報づくり、本当にお疲れ様でした。良いお年をお迎えください!

 

SHARE

新着記事

2020.11.18

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報のつくりかた

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?」

社内報の企画・ネタ|2021年「新年号の企画、どうする?...

社内報の新年号といえば、「年頭所感」や「新年の抱負」。恒例で載せなければならない企画が多い一方で、毎年同じ見せ方になってしまって頭を悩ませている社内報担当者も多いのではないでしょうか。一方で、今年は新...

2020.10.07

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報のつくりかた

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

スッキリ解消!社内報の「校正」に関連する記事7選!

社内報原稿の社内確認や制作会社とのやりとりで、こんな経験をされたことはありませんか?修正指示を書き込んだが、間違って伝わってしまった。修正指示を見落とされてしまった。校正紙の指示だけでは分からないと制...

2020.09.30

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報のつくりかた

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報をリニューアルしたい時に読んでほしい記事5選

社内報の“リニューアル”といっても、新しい企画を立ち上げて反応を見るという比較的すぐに実行できる方法もありますし、表紙を含めてデザインや内容を大きく刷新する方法もあります。社内報をリニューアルする前に...

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ