メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

一年の計に、編集者としての醍醐味について考えてみました!

一年の計に、編集者としての醍醐味について考えてみました!

「一年の計は、元旦にあり」と言いますが、社内報ご担当者様にとっては、「一年の計は、年度のスタートにあり」ですね。4月に年度始めを迎える企業の社内報ご担当者様は、そろそろ年間計画を立てる準備を始めたころかと存じます。

こんにちは、プロデューサーのkitaです。

社内報は、月刊、隔月、季刊など企業様によって発行のペースは様々ですが、一年という周期の中で発刊されています。
年間計画スタート時は、社内報の目的、課題など洗い出し、これからの1年は、もっとこうしていきたいという新たな気持ちでスタートする事と思います。リニューアルとまではいかない場合でも、社内報ご担当者様にとっては、いかに読まれて、役に立つ社内報として成長させていくか、真剣勝負の1年の新たなる始まりです。

今回は、その「一年の計」のタイミングで、社内報制作の編集者としての醍醐味についても意識してみてはいかがでしょうか、というご提案です。社内報の制作ご担当者様は、選任でない方も多くいらっしゃいますが、れっきとした編集者です。出版社で言うところの編集者と同じです。

書籍や雑誌の編集者としての醍醐味は何かといえば、例えば、「売れる」というのは、醍醐味の一つではないかと思います。自分が編集者として担当したものがヒットするという事を想像したらワクワクする筈です。

では、社内報はというと、例えば、社員に次号を待ち望まれる社内報を実現させる事です。読者アンケートを取ったら、「次号をいつも楽しみにしている」という選択肢に沢山の票が入るような社内報です。次の特集は何だろう?次の連載の続きは? と、発行日前に読者から聞かれたりしたら編集者冥利に尽きると思います。

お気づきかと思いますが、簡単な事ではないです。醍醐味を感じるようになるという事は、編集のプロフェッショナルになるということです。編集者としての醍醐味を感じようとしながら、社内報制作のプロとしての経験を積んでいくのも一案かと思いますのでお勧めします。簡単ではないですが、もの凄く楽しい筈です!

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.07.30

社内報の自己PRはどうするべき?取り入れるべきアピールポイント

社内報のつくりかた

社内報の自己PRはどうするべき?取り入れるべきアピールポイント

社内報の自己PRはどうするべき?取り入れるべきアピールポ...

※更新 2019年7月30日社員の自己紹介は社内報の企画の定番です。社内報には「社員同士がお互いのことを知る」という役割もあります。既存の社員は新しく入社した社員を知ることができ、新しく入社する社員も...

2019.07.25

社内報と採用広報

社内報のつくりかた

社内報と採用広報

社内報と採用広報

こんにちは!かわうそです。2020年度入社予定の採用試験も一段落した頃でしょうか。就活の早期化が進み、2022年度入社からは通年採用の拡大により、企業から学生にどのような情報を発信していくかはとても重...

2019.07.10

クレドが明確な企業は伸びる!企業理念を反映させよう 

職場活性化

クレドが明確な企業は伸びる!企業理念を反映させよう 

クレドが明確な企業は伸びる!企業理念を反映させよう 

多くの企業が「クレド」を掲げて経営をするようになりました。クレドが注目されるようになった流れには理由があります。また、クレドは全社員が共有できなければ意味がないため、導入方法にも気をつかわなければいけ...

2019.06.26

これからの時代のグローバル社内報

社内報のつくりかた

これからの時代のグローバル社内報

これからの時代のグローバル社内報

こんにちは!かわうそです。今回のテーマは「グローバル社内報」です。全社的に発行している社内報だけでなく海外支店向けに独自に社内報を制作している企業も多いのではないでしょうか?さまざまな国籍の社員が働く...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ