メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報 ~「紙」と「Web」の特徴について~

2019.11.27

2016.01.15

こんにちは。shibaです。

社内報制作をご担当される方とお話し致しますと、よく「『紙の社内報』と『Web社内報』、どちらが良いのか?」というご質問をいただくことがあります。そのようなご質問に接するたびに少し考えるのですが、これがなかなか難しいテーマだと感じています。
そこで、今回は「紙」と「Web」の社内報について考察してみたいと思います。

まずは、考察に入る前に、その前提となる条件を決めておきます。
「紙の社内報」は、一般的な印刷されたものを想定しています。他方、「Web社内報」については、メルマガ形式やPDFファイルをイントラ上に掲出するものなど、そのスタイルは多岐にわたるため、人によってイメージするものが異なる可能性があります。これらをすべて「Web社内報」1語に括るのはやや乱暴ですので、今回考察する「Web社内報」は、ワードプレス等のソフトウェアを使ったブログ形式のものとします。

「Web社内報」の特徴

「Web社内報」の特徴は、何といってもスピードでしょう。例えば、情報の伝達度や検索性という観点に立てば、その特徴が際立ちます。これについては、もはやここで詳しく説明する必要はないでしょう。

一方、「紙の社内報」の場合、誌面を編集し、印刷した完成品を読者の方々に届けるまでに、1ヶ月単位の時間が掛かります。また、どの号にどういう内容が書かれていたかを探す場合も、結局、人の目というアナログなものに頼らざるを得ませんので、デジタルの世界に比べて、やはり時間が掛かります。

情報を省スペースで無限にストックできるということも「Web社内報」の特徴と言えるでしょう。紙の社内報の場合、印刷されたものをストックするための物理的なスペースが必要になります。さらに、いつ誰が何をどのくらい見たかという、いわゆる効果測定も「Web社内報」の特徴ですし、情報の修正や更新も「Web社内報」では可能です。一方、「紙の社内報」の場合は、両方ともほぼ不可能です。

「紙の社内報」の特徴

「紙の社内報」の大きな特徴は、情報に到達するまでのスピードが挙げられます。極端に言えば、誌面を開けば、いつでもどこでも数秒で情報にアクセスできます。

「Web社内報」の場合、専用サイトにアクセスし、ログインする必要がありますし、場合によってはPCの電源を入れて…となると、時間的だけでなく心理的な手間が掛かってしまいます。また、文章を読む、ということを考えても、「紙」の方が「Web」よりも体に優しいと思います。「Web」の場合、個人差もあるでしょうが、長時間画面を見つめていると、どうしても目が疲れてしまいます。

以上のように、「Web社内報」と「紙の社内報」の特徴をそれぞれ検討しました。
これはあくまで個人的な考えですが、「Web社内報」は情報発信者(制作)側にメリットの多い媒体という印象があります。一方で、「紙の社内報」は、情報受信者(読者)側にメリットの多い媒体であると感じています。

ただ、肝心なのは「どちらが良いか」という議論ではなく、お互いの強みと弱みを捉えた上で、コミュニケーション戦略を立てることだと思います。単純に「紙が古い」とか「Webの方が優れている」という一方的なものではなく、状況に応じて使い分けていくことが大事だと思うのですが、皆さんはいかがお考えになられますか。

SHARE

新着記事

2021.04.01

社内報のつくりかた

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

はじめて社内報担当者になったとき、やるべきことまとめ

この春から、初めて社内報を担当することになった方もいらっしゃることでしょう。社内報担当者になったからには、まず次号の表紙を決める?それとも企画を考える? 正直何から手をつければよいのかわからない… で...

2021.03.11

社内報のつくりかた

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

社内報制作でデザイナーに依頼するときは具体的に!

こんにちは! 社内報デザインを外部のデザイナーさんにお願いしている企業も多いと思います。 そのときに、こんな悩みを抱えたことありませんか?「渡した資料どおりのレイアウトで、デザインに工夫が感じられない...

2021.02.19

社内報のつくりかた

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

トップメッセージは誰のため?伝え方のポイントとは

4月号は新入社員特集を掲載する企業が多い私感です。さて、読みにくいとも、読まれている、とも言われるこのトップメッセージ。どこで差がつくのでしょうか? それは、「読みたい」と思う社員と「読みたくない」と...

2021.02.12

社内報のつくりかた

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

色校正とは?色校正を見るときに気を付けたい3つのポイント

今回は社内報をつくる工程の中でも、社内報担当者の方の最後の確認になる色校正についてです。 みなさんは色校正のチェックの時に、どのように何をチェックされていますか? そもそも、なぜ色校正が必要なのかご存...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ