メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

裏付きを防ぐには

2018.11.06

2016.05.19

こんにちは、うさ田です。

前回は裏付きを防ぐために印刷時にスプレーパウダーを使用しています。ということを書きました。

「裏付き」とは印刷機の排紙部に印刷された半乾きの状態の用紙が積み重なり、表面に刷ったインキが次に刷った用紙の裏面についてしまうことをいいます。
マットコート系の用紙や厚手の用紙にベタの多い絵柄を印刷するときに起こりやすい現象です。
この現象を防ぐために前回ご紹介したスプレーパウダーを粒子の大きいものに入れ替えたり、通常より多めに振りかけたりすることで対応します。

裏付きを防ぐにはデータの作成でも注意が必要です。CMYKの掛け合わせの場合、すべてのインキを最大に掛け合わせればインキ量は400%になりますが、印刷機でトラブルなく印刷できる総インキ量は300〜350%までになります。総インキ量が300%を超えると裏付きが起こりやすくなりますので、300%までに抑えておくと印刷トラブルのリスクが減ります。

最近ではお客様が完全データを作成して入稿するというケースも増えてきています。完全データを入稿する際は総インキ量も注意してチェックすると印刷トラブルの回避に繋がります。

SHARE

新着記事

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

【WEB社内報】コメント機能のメリットとデメリット

コロナ禍の影響で様々なモノやコトがニューノーマルへと変化しました。特にリモートワークの普及により、同僚と顔を合わせる機会が大幅に減少した方も多いのではないでしょうか。そんな中、リモート環境下でも社内コ...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

【WEB社内報】サムネイルデザインの基本

WEB社内報を作成しているなかで、記事のサムネイルデザインがなかなか仕上がらず、悩まれている担当者の方も多いのではないでしょうか。従業員の目に留まるようなサムネイルデザインの作成は難しく、アクセス数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつくりかた

コンテンツで困らないために!WEB社内報の編集体制のつく...

紙からWEBへ、社内報をリニューアルしたい!そんな思いも持たれている広報責任者様、ご担当者様は非常に多いのではないでしょうか。紙からWEBへ移行するメリットとしては、・デザイン制作、印刷、配送の工数が...

2021.09.06

社内報のつくりかた

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべし

【WEB社内報】読まれる記事を作るにはタイトルを工夫すべ...

企業が発行する社内報はもともと紙媒体が主流でしたが、最近はオンライン上で閲覧できる「WEB社内報」を導入する企業も増えています。しかし、紙で配布される社内報とは異なり、WEB社内報を読むには社員が自ら...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

社内報お役立ちコラム

ページトップへ