メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

「良い文章」とはどんな文章か。

2016.05.11

「良い文章」とはどんな文章か。

「文章を書くのが苦手なんです…」「もっと上手に文章を書けるようになりたい」といったお悩みをよく耳にします。
私は、長く編集の仕事をしてきて、またライター兼で記事を作っていた経験もありますが、実は文章を書くのはあまり好きではありません。(毎回ブログを書いておいて何ですが…)

いきなりネガティブな出だしになってしまいましたが、nocoです。
私は「昔から書くことが好きだった」というライターさんとは違い、「好きな仕事に必要だったから見よう見まねで書いていた」のが積み重なって今があります。
今でも「上手い」とも「センスがある」とも思いませんが、苦手意識があるからこそ、もともと文章が得意な人は気付きにくい、読者にとっての「良い文章」に敏感になりました。

さて、「読者にとって良い文章」とは、どんな文章でしょうか?
難しい言葉を使いこなした文章でしょうか?
熱い言葉で気持ちが溢れ出ている文章でしょうか?
さまざまな表現を駆使した個性的な文章でしょうか?

私は、「この記事で知りたいと思った情報がわかる」文章だと思います。
みなさんが作っている社内報や企業広報ツールはもちろん、自分の作品として発表する文芸作品など以外のほとんどの文章は「伝えるべきこと」を「伝えたい相手」に「伝える」ために書かれます。そして、それを読者が興味を持って読んでくれて、狙った反応をしてくれる、感想を持ってくれる、ことが目指す目標です。
そう、私たちが書く文章は「伝える」ことが一番の役割なのです。
伝えるべき内容を誤解させてしまったり、伝えたい相手が理解できなかったりしては意味がないのです。

これは、対面のコミュニケーションと同じです。
「伝えたこと」の中身は、受け取り手側が決めることではないでしょうか。自分はAと言ったつもりでも、相手がBと受け取ってしまったら、結果はBなのです。
どんなにたくさんの知識を並べても、格好いい言葉を使っても、肝心の「伝えたいこと」がきちんと伝わらなければ意味がありません。

難しい言い回しが続くと読むのを止めてしまう人もいます。
抽象的な表現が苦手な人もいます。
もちろん、完全に万人が納得する文章を書くことはできません。でも、社員のためにある社内報では、「誰が読んでも同じ情報を得られるか」ということをできる限り意識することが大切です。

書いている自分が満足する文章ではなく、読む人のための文章を心がけましょう。
私も日々精進します!

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.06.12

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報のつくりかた

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

今さら聞けない社内報の寄稿とは?どんなノウハウがある?

社内報は社内広報ツールの一つであり、会社の理念を伝えたり、働いている人々の思いを共有したりするのに有効な手段です。ただ、そのためには担当する人間だけが原稿を書いていたのでは十分ではなく、さまざまな視点...

2019.05.29

技術広報と社内報

社内報のつくりかた

技術広報と社内報

技術広報と社内報

こんにちは!かわうそです。新しい元号「令和」がスタートしました。社内文書や社内報でも年号の記述を変えたり、表記を統一したり・・・といった対応に追われた担当者も多いのではないでしょうか?さて、今回は「技...

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ