メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

“新年号”は何のためにあるのか?

“新年号”は何のためにあるのか?

皆さま、こんにちは。
ADちっしーです。 

さてさて今回は、新年号について考えてみます。

月刊、隔月、年四回、などなど。社内報の発行頻度は様々ですが、『新年号』というものは、ほとんどの会社で発行しているようです。
それはなぜなのでしょう?
キリが良いから!と言ってしまえばそれまでですが、ちょっとロマンがありません。

私は、
「昨日までの一年間への感謝と、今日からの一年への希望を伝えたい」
と、みんなが共通して願っているからだと思うのです。

それは、年賀状、に似ています。
普段は手紙なんか一切書かないし、そもそもそこまで親しいわけではない、特段用事があるわけでもない。でも年末になると「そういえば、田舎のあの人は元気かな」なんて、なんとなく気になって、ちょっとペンを取ってみる。昨年はお世話になりました、今年もよろしく…
年賀状を書くときの、くすぐったいような、そわそわするような感覚。
年末年始に発行された社内報を改めて見返していたら、あの感覚が思い出されたのです。

社内報の編集メンバーや、紙面に登場する人たちから発せられた「新年のごあいさつ」は、読者の手元に届きます。

華やかな紙面にみなぎる意気込み。そういえば去年の新年号には、あんなことが書いてあったな。あの時自分は、会社は、周囲の仲間たちは、何をしていただろう。あれから一年、どんなふうに過ごしてきたのだろう。去年の今頃より、少しは成長できているのだろうか?
早すぎる時間の流れに反省や後悔も憶えつつ、でも確かな希望を携えて、今年も一年、ここで頑張ってみよう、と決意する。そして声には出さずとも、そっと返事をする。こちらこそ、今年もどうぞよろしく…

社内報を発信する側と、受け取る側。双方の気持ちがふっと重なる。
その瞬間こそが、新年号における、価値なのではないでしょうか。

完成した今年の一冊を眺めつつ、どこかでそれを手に取り、開いてくれた読者の心情に、そっと想いを馳せてみませんか。

SHARE

新着記事

2020.04.09

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のつくりかた

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報のネタに困ったら?こんな方法で解決!

社内報担当者であれば「社内報がちゃんと読まれているか?」「社内報がコミュニケーション活性化に貢献しているか?」は、業界・業種に関係なく社内報担当者に共通している課題です。そして、「社員に読んでもらえる...

2020.02.28

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報のつくりかた

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

表記統一リスト~社内報担当者が覚えておきたい用語ルール~

社内報制作時に文字の表記を、漢字にするかひらがなにするか、送り仮名をどう付けるのかなど悩むことがあります。その際に参考にしていただくために、社内報でよく使用する用語を抜粋した表記統一の推奨表記リストを...

2020.02.10

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報のつくりかた

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

社内報でSDGsの実践に貢献しよう!

こんにちは!かわうそです。2020年、いよいよオリンピックイヤーがスタートしました。3月には福島県から全国へと聖火リレーのランナーが出発!夢の舞台の始まりを心待ちにしている人も多いと思います。東京20...

2019.12.27

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報のつくりかた

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは?

社内報で今一度確認しておきたい「SNSのリテラシー」とは...

こんにちは!かわうそです。令和元年もそろそろ締めくくりの時期。年末恒例「今年の漢字」も発表され、社内報で「今年の自分を漢字1文字で表現するとしたら…?」といったアンケートを実施している会社もあると思い...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6210-1433

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ