メニュー メニューをクロース

2018.08.13

飲み会じゃなくてもできる!社内コミュニケーションを活性化する方法

 業務を円滑に進めるために欠かせない要素の一つが、社内コミュニケーションです。社内コミュニケーションの重要性は誰もが認識しているため、親睦を深められるような行事や飲み会を企画する工夫を行っていることでしょう。しかし、新年会や忘年会などの会社行事や、飲み会に参加したくない

2018.08.10

健康経営と社内報

 はじめにこんにちは!かわうそです。今回のテーマは「健康経営と社内報」です。近年「社員の健康をいかにして守るか」は経営課題のひとつという考え方が広まりつつあり、「健康経営」について積極的に取り組む企業が増えています。 例えば、メタボ予防やインフルエンザ対策の講

2018.08.03

社内広報は何のため?お知らせ係からの脱却を目指す

 社内報を定期的に発行しているという会社は世の中にたくさんあります。しかし、社内報の役割をきちんと理解したうえで、社内報を発行している会社はあまり多くないのが現状です。社内報は単に社員に向けて会社内のいろいろな情報を知らせるものだと思われていますが、実はそうではありませ

2018.07.10

社内報もりっぱな販促ツール?!社内報の意味と活用方法とは

 社内報は、会社の方針を社員に伝えたり、社内のコミュニケーション促進を図ったりするなどさまざまな役割を担っています。しかし、社内報は果たして本当に会社の役に立っているのか、疑問に感じることもあるかもしれません。しかし、社内報により社内の活性化を図るだけでなく、就活生に会

2017.11.06

働き方改革と社内報

 はじめにこんにちは!かわうそです。今回は、社内報の役割をちょっと大きな視点から考えてみたいと思います。最近よく耳にすることが多くなった「働き方改革」や「ワークライフバランス」といった言葉。残業時間の短縮やリモートワーク、最近では副業もOKなど、働くスタイルや環境もずい

2017.07.28

社内報を紙にするかWebにするか考える要素

社内報の新規立ち上げや見直しを考えている企業様からよくいただく質問があります。それは、「社内報を紙で発行するのとWebで配信するのとどちらがいいでしょうか?」という質問です。この質問には「それぞれ一長一短があるので、特徴を把握したうえで目的や社内環境、自社の社員(読者)に合わ

2017.05.10

社内報のリニューアルは現状の課題と向き合おう

  こんにちは、ディレクターのkojiです。当社には「社内報をリニューアルしたい!」というご相談が定期的に寄せられます。社内報をリニューアルするときには、しっかりと現状の課題と向き合うことが大切です。現状の課題と向き合うとはどういうことか?、どう考えれば良いか?について今回は説明

2017.04.27

社内報の編集後記を活用する方法

 社内報の編集後記は読まれています。まずここから読むという人もいるくらいです。 こんにちは。プロデューサーのkitaです。今回は、社内報の編集後記について考えてみます。 50%以上の社内報には、編集後記があります。編集後記はある程度自由に書いていいもので、取材のこぼれ話や苦労話か

2017.04.18

社内報で必要なのは自分の「企画」を信じること!

 こんにちは。ディレクターのnocoです。 編集記事作りの難関のひとつは、取材対象者探し(選定)と取材依頼だと思います。机上の企画に現実の中身を付けていく大切な段階です。 雑誌の読者モデルや読者自身の投稿・応募による掲載の場合は、本人が「載りたい」と希望しているので取材

2017.04.04

社内報に「社長メッセージ」は必須ですか?

 こんにちは。ディレクターのkojiです。 さて、社内報に掲載されるメインコンテンツとして「社長メッセージ(トップメッセージ)」がありますが、「社内報に掲載必須のコンテンツなのでしょうか?」とお客さまから質問を受けることがあります。 答えとしては、必須ではないですが毎号どこかに登

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ