メニュー メニューをクロース

デザイン

2017.03.23

「読みやすい」キレイな記事デザインを作る 3つの基本ルール

社内報のつくりかた

「読みやすい」キレイな記事デザインを作る 3つの基本ルール

「読みやすい」キレイな記事デザインを作る 3つの基本ルー...

 こんにちは。ディレクターのnocoです。社内報制作のお悩みでよく挙がるもののひとつに「デザイン」があります。担当者の多くが編集のプロではないため、「読みやすさ」と「読みたくなる見た目」を両立したデザ...

2017.02.14

デザインにロジックを入れて社内プレゼンを!

社内報のつくりかた

デザインにロジックを入れて社内プレゼンを!

デザインにロジックを入れて社内プレゼンを!

みなさんは自分では「いいデザインが上がった!」と思って上司に見せたら、「このデザインは好きじゃない」「この色使いはちょっといまいち・・・」なんてダメ出しされたことはありませんか?せっかく試行錯誤して良...

2017.02.09

デザインの曖昧な評価は禁物

社内報のつくりかた

デザインの曖昧な評価は禁物

デザインの曖昧な評価は禁物

みなさんは、社内報の初校でダメなデザインが上がってきた時どうしていますか? ダメだと思っていても直接的にダメと言わずに、あいまいににごしていませんか?仕上がってきたデザインに対して、あいまいな評価は禁...

2017.02.07

デザイナー脳で指示するポイント

社内報のつくりかた

デザイナー脳で指示するポイント

デザイナー脳で指示するポイント

みなさんの会社に、デザイナーはいらっしゃいますか?デザイナーがいらっしゃる会社はそう多くはないと思います。大半の企業では、印刷物やWebのデザインは外部に発注しています。デザインの打ち合わせに必要なの...

2016.08.03

社内報にとって「良いデザイン」とは何か?

社内報のつくりかた

社内報にとって「良いデザイン」とは何か?

社内報にとって「良いデザイン」とは何か?

湿度の高い夏が苦手なnocoです。こんにちは。さまざまな社内報のお手伝いをさせていただく中で、リニューアルに関わることも多くあります。リニューアルをする際によく担当者の方が口にするのは、「もっと“良い...

2016.06.13

知っておきたい、デザイン用語

社内報のつくりかた

知っておきたい、デザイン用語

知っておきたい、デザイン用語

こんにちは、ディレクターのkojiです。どんな業界にも専門用語というものがありますが、デザインの世界にもいろいろあります。今日はその中でも誌面づくり(レイアウト)に使える専門用語を3つご紹介。■Q数文...

2016.01.18

社内報にも、キャッチコピーを。

社内報のつくりかた

社内報にも、キャッチコピーを。

社内報にも、キャッチコピーを。

ディレクターのkojiです。さて今回は、「キャッチコピー」について。キャッチコピーとは、企業、商品、作品などのイメージをターゲットに強く印象づけることを目的としてつけられます。その出来映えによって企業...

2015.11.09

カラーテクニックで、読者を「休ませる」。

社内報のつくりかた

カラーテクニックで、読者を「休ませる」。

カラーテクニックで、読者を「休ませる」。

こんにちは、ディレクターのマーサです。社内報には担当者が想像する以上に、いろいろな情報が集まってくることもあると思います。原稿が集まらない閑古鳥状態よりは嬉しい悲鳴となりますが、すべてを紙面に盛り込も...

2015.04.27

イメージに合った書体を選ぼう。

社内報のつくりかた

イメージに合った書体を選ぼう。

イメージに合った書体を選ぼう。

ディレクターのマーサです。社内報制作に役立つ「編集の鉄則」をご紹介しています。 今回は、「書体」について考えていきたいと思います。書体は、誌面の雰囲気を大きく左右する大切な要素です。例えば、和文フォン...

2015.03.17

動きのある「新入社員特集」ページを作るには?

社内報のつくりかた

動きのある「新入社員特集」ページを作るには?

動きのある「新入社員特集」ページを作るには?

だいたい春の訪れは花粉症のくしゃみで意識しはじめる、ディレクターのkojiです。社内報の担当者さまから、この時期に一番いただくのが「社内報で新入社員の紹介ページはどんな風にしたらよいですか?」というご...

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ