メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

読み手を引き込む物語性①

2015.05.15

読み手を引き込む物語性①
  • #ライティング

アシスタントディレクターのちっしーです!こんにちは。

……と、いきなりですが、ここで問題です!

気付けば、5月ももう半ば。
オフィスにいると日付はカレンダーの上を流れていくばかりですが、たまには窓の外を眺めて、移り変わる季節を探してみてはいかがでしょうか。

上記の文章から「物語」を抜くと、いったいどうなってしまうでしょう?

回答はこちら。

5月15日。
オフィスにいます。日付はカレンダーで確認します。窓の外を見れば、季節の変化がわかるかもしれません。

いかがですか?
文法として間違ってはいないし、内容も十分理解できます。しかしそれ以上の、たとえば想像したり共感したりできる余地が、上記の文章にはあまりありませんね。

書き手の生き生きとした視線や心の動きがつかめない、事実を並べただけの文章だと、いくら内容的に価値のある記事だったとしても、簡単に読み飛ばされてしまいます。

イベント、取材、インタビュー。記事の種類はさまざまですが、そのつど自分や相手を主人公に見立てて、物語の流れを作ることが大切です。
そうすれば、読み手はきっとあなたの感性に引き込まれて、同じ風景を思い浮かべてくれるはずですよ。

しかしここで注意!

注目させたいあまり必要以上に脚色を加えたり、事実を偽ったりしては本末転倒です。
なぜなら、余計な装飾が増えれば増えるほど、本来伝えたい事柄は遠ざかっていってしまうからです。
次回、読み手を引き込む物語性②では、この点について考えてみましょう。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

素材の「詰め込みすぎ」に、注意しよう。

社内報のつくりかた

素材の「詰め込みすぎ」に、注意しよう。

    object(stdClass)#4046 (12) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(6) "編集" ["slug"]=> string(18) "%e7%b7%a8%e9%9b%86" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "2" ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(81) ["object_id"]=> int(1258) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #編集
  • object(stdClass)#4043 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1258) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2015.11.16

iPhoneを使って取材写真を撮ってみよう!vol.2 ~HDR撮影をオンにする~

社内報のつくりかた

iPhoneを使って取材写真を撮ってみよう!vol.2 ~HDR撮影をオンにする~

    object(stdClass)#4044 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1405) ["filter"]=> string(3) "raw" } object(stdClass)#4041 (12) { ["term_id"]=> int(19) ["name"]=> string(18) "撮影・カメラ" ["slug"]=> string(54) "%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "28" ["term_taxonomy_id"]=> int(19) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(63) ["object_id"]=> int(1405) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #撮影・カメラ

2015.08.04

社内報で、グループ会社を 伝えるページを企画する。

社内報のつくりかた

社内報で、グループ会社を 伝えるページを企画する。

    object(stdClass)#4045 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1885) ["filter"]=> string(3) "raw" } object(stdClass)#4047 (12) { ["term_id"]=> int(18) ["name"]=> string(12) "編集方法" ["slug"]=> string(36) "%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%96%b9%e6%b3%95" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "29" ["term_taxonomy_id"]=> int(18) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(1) ["object_id"]=> int(1885) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #編集方法

2015.03.06

~保存版!ポートレートフォト撮り方8選~

社内報のつくりかた

~保存版!ポートレートフォト撮り方8選~

    object(stdClass)#4042 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(957) ["filter"]=> string(3) "raw" } object(stdClass)#4040 (12) { ["term_id"]=> int(19) ["name"]=> string(18) "撮影・カメラ" ["slug"]=> string(54) "%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "28" ["term_taxonomy_id"]=> int(19) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(63) ["object_id"]=> int(957) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #撮影・カメラ

2016.08.02

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ