メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

~ピントの合わせ方~

2015.07.07

~ピントの合わせ方~

こんにちは!ディレクターのnemoです。
前回、人物を引き立たせて印象的に撮影をするためのコツをご紹介させていただきましたが、今回はその補足にもあたるピントの合わせ方について、ポイントをお教えしたいと思います。

皆さんも使われているデジタルカメラ、そのほとんどがオートフォーカス(AF)という機能により、誰でもピントの合った写真が撮れるようになっています。

オートフォーカスとは、撮りたいと思う被写体に対し、シャッターを押すだけで自動的に焦点を当ててくれる便利な機能となります。しかし、すべてを自動設定で撮影するモードの場合、意図する被写体にピントがあてられなかったり、ブレが生じやすかったりという、問題が時折発生することがあるので、撮る際に意識が必要になるところではあります。

自動設定となる「かんたん撮影モード」で撮影をする場合、まずは以下のポイントに注意をして、改めて撮影に臨むようにしてみましょう!

ポイント①-被写体を画面の中心に置いたらシャッターを半押ししましょう!

オートフォーカス(AF)モードで撮影をする場合、通常はファインダーの中央にあるものにピントが合うように設計がされています。

焦点を合わせるためには、まずシャッターを深く押し切るのではなく、軽く押しこんで、半押し状態にしてみます。そうすると「ピピッ」という音が鳴り、画面上に赤や緑などの枠が現れ、撮りたいと思う被写体にその資格が固定された状態で表示がされるようになります。これで被写体に対し、焦点があった状態となるため、まずはしっかりと写したいものに対してピントを合わせる、また固定化させるということを意識してみましょう!

ポイント②-半押しの状態から、シャッターを深く押し切りましょう!

ポイント①で被写体をしっかりと捉えることができたら、そのままシャッターを切ってみましょう!そうすることで、確実に被写体に焦点を合わせた状態の写真が撮れるようになります。

ここで注意しておきたいのが、半押しの状態から一度指を離して改めてシャッターを切る、ということをしないように!ということです。半押し状態でピントを合わせたらオッケーということではなく、半押しした状態で捉えるべきものをしっかりと認識させておくことを継続しておかないといけない、ということが大事になります。

ここで一度指を離してしまうと、せっかく合わせた焦点がリセットされた状態になってしまうので、要注意です。ちなみに半押し状態を継続したまま、画面を動かしても、被写体に対するピントはそのままロックされた状態をキープしますので、もし中央に置いた被写体を左右に配置させて、画面上に余白を作りたいということであれば、この機能はとても有効的になるので、ぜひトライしてみていただければと思います。

以上、今回は被写体をしっかりと捉えるためのピントの合わせ方について、ご紹介をさせていただきました!
次回をお楽しみに。

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ