メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • 改行したい・改行をやめたい時の校正記号はこれ!

社内報のつくりかた

改行したい・改行をやめたい時の校正記号はこれ!

2015.04.23

改行したい・改行をやめたい時の校正記号はこれ!

皆さん、こんにちは。ディレクターのタカエです。
「校正記号の時間」では、社内報の校正時に役立つ、校正記号の種類と使い方をご紹介しています。
(バックナンバーはこちら!)

第9回は、文章の「改行」にまつわる校正記号をご紹介します!
改行のための記号は見た目に分かりやすいので、きっとすぐに覚えられると思います。

まずは、文章で改行したい部分が出てきた場合。
改行する位置に、道路のクランクのような形の記号を書き込みます。
改行位置直前の文末の文字の下に線を引き、改行開始の2文字程度の上にまた線を引き、それをさらに線で結びましょう。

続いては、改行していた文章を改行せずに続けたい場合の記号です。
この場合は、単純に改行したい文章の末尾と文頭を曲線で繋げて示します。
それでは、実際の例を見てみましょう!

 

0423

 

どちらの記号も計上から校正記号としての意味合いが分かりやすい記号ですね。

さて今回は、最後にわかりやすい修正指示の入れ方のコツを1つご紹介します。
これまでたくさんの校正記号をご紹介してきましたが、ページのデザインや内容によっては、校正記号を文章中に書き込むスペースが少ない、書き込んだけれど細々として見づらい、なんて事があると思います。私も以前、よく見落とされやすい指示の入れ方をして失敗した経験がありました…。

そんな時は校正記号の引き出し線を見やすいスペースまでぐぐっと引っ張って、指示を書き込んだり、校正記号を書き込んだ部分を大きな赤マルで囲んだりすれば、誰にでも見やすい指示になります。

「どうすれば誰にでも分かりやすいか」「第三者が見ても分かる指示の入れ方か」
この2点を念頭においた修正指示を続けていくことで、「●●さんの指示はいつも分かりやすい!」と言われたり、ゆくゆくはミスゼロの校正ができるようになるかもしれません!

次回は、「文字を揃える指示」や「文字の送り」に関する校正記号をご紹介します!

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.03.19

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報のつくりかた

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内広報の方法の一つである社内報。社内報には、職場全体の価値観や情報を共有するだけでなく、コミュニケーションの意味合いも含まれています。そのため社内報を活用している企業も多く、その形は紙媒体やWEB媒...

2019.03.15

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

社内報のつくりかた

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

多くの企業にとって、従業員が蓄積してきたスキル、経験をいかに共有していくかは大きな課題です。一部の従業員に依存した経営体制では、長期的な成長が望めなくなるでしょう。そこで「ナレッジマネジメント」によっ...

2019.03.13

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

社内報のつくりかた

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月は季節としてのイベントが多いことはもちろん、新卒社員が入ってきたり人事異動があったりと、何かとニュースの多い時期です。社内報へ載せるべきネタも豊富ですが、毎年同じような話題が上がる中、制作担当者は...

2019.03.12

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報のつくりかた

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報は、どのような形態に仕上げるかによって配布の方法が大きく異なります。仕上げ方は大きく分けて紙、pdf、webの3種類があり、その特徴やメリット、デメリットもさまざまです。社員数が1,000人を超...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ