メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報リニューアルに響く、3つの「声」とは?

社内報リニューアルに響く、3つの「声」とは?

こんにちはディレクターのkojiです。
最近は当社でもリニューアルに関するお問い合わせや主催セミナーへのご参加も増えており、「よりよい社内報にしたい!」という担当者さまの意気込みをこの時期は強く感じます。

さて、もし社内報のリニューアルを考えている場合、どこから動きだしたらよいでしょう?デザイン、レイアウト、企画、という目に見える部分でのリニューアルを挙げる方も多いのですが、本日は『リニューアルに響く、3つの「声」』というテーマでご紹介したいと思います。

「それでどうなる?それでどうなる?」と、自分の心の「声」を聞く。

よく社内報の発行目的に「トップの考えを社員たちに浸透させること」と挙げる方がいます。正解です。さらに「それでどうなる?」と掘り下げてみましょう。「浸透すれば、社員が同じ目標に向かって進もうとするはずだ」。「目標に向かって何をしたらよいか考えるようになるはずだ」と考えが進むと、「社内報を社員の自発心を引き出すツールにしよう」と、社内報の役割が見えてきます。またそこから、「そのためには?そのためには?」と繰り返し自問自答を続けましょう。

社員の「声」は、社内報の道しるべ

「チャンスがあれば転職しよう」という時代から、近年は、安定した働きやすい会社で長く働きたいという意識が強まっているように思います。「うちの会社はこんなに魅力的だ」と社員にPRする絶好の機会として社内報は活用できるはずです。
言うまでもなく、社内報は社員に読んでもらうためのツール。社内報の反響を確認していない企業さまは、すぐにでもフィードバック方法を検討しましょう。まずは怖い質問ですが、「社内報を読んでいますか?」という質問から始めてみましょう。

企業トップの「声」も忘れずに

さわらぬ神になんとやら、社長に社内報の感想を聞くのを怖がる担当者さまもいるようですが、ここはぜひ確認していただきたい。「社員を知るために見ているよ」と仰る方もいます。「終わった話より未来の話を載せようよ」と仰る方もいます。社内報は、結局、経営ツールの一つですから、経営戦略を握る社長は、実は一番にアンケートを取る対象かもしれません。

社内報は、まだまだ会社を変えられる可能性を秘めています。今までの概念に縛られず、いろいろな「声」を聞く。それがリニューアルの第1歩です。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ