メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • インタビュー内容を、上手に記事にしよう。その1

社内報のつくりかた

インタビュー内容を、上手に記事にしよう。その1

インタビュー内容を、上手に記事にしよう。その1

こんにちは、ディレクターのkojiです。 
さて、社内報においてインタビュー企画はいろいろ存在します。
社長独占インタビュー、事業部訪問、数名の座談会、2人の対談など・・・。

「社内報でリアルな声を伝えるために、やっぱり実際に会った話を記事にしたいわ!」
そう意気込んでインタビューを行ったところまではよかったものの、そこからどうやって記事にまとめていったらいいか分からない!?そんなお悩み、ございませんか?

今回はインタビュー内容を、上手に記事にまとめるコツ(その1)をお届けいたします。
先日、ディレクターのnemoが取材についてブログをまとめていたので、次回の更新あたりで話が重複するかもですが、各ディレクターからいろいろなコツをお伝えできたらと思います。

(その1)ICレコーダーの音声は必ず2回聞きましょう。

インタビュー時、ICレコーダーやスマートフォンの録音アプリなどを用いて音声を録画していますよね?その音声をどのように扱っていますか?まさか、耳で聞いてそのまま文章を起こす人は少ないかと思います。それはプロのライターでもほとんど行っておらず、たいていの場合は、テープ起こしから始めています。

まずはワード原稿を開く、あるいは白い紙を手元に用意してから、音声の再生スタート!耳に入ってくる言葉を箇条書き、またはなぐり書きでいいのでざっとメモしていきます。この時のポイントは、一字一句、丁寧にテープ起こししようと気構えず、とにかく話の全体像をつかむこと。1度目は方向性を整理する感覚で聞き進めましょう。

話の全体像が見えてきたら、もう一度音声を最初から聞きます。2度目は、1回目で聞き漏れた部分がないか、確認しながら進めます。きっと1回目では分からなかった話のテーマがなんとなく見えてくるはずです。この「なんとなく」が見えてきたら、もう大丈夫です。

次は、メモを頼りにストーリー作りを行っていくことになりますが、それは次回(その2)お伝えしていきたいと思います。

もしもテープ起こしが大変だなと感じたら思い切って外部の専門業者さんに頼むことも考えてみましょう。通常1時間くらいで2~3万円の費用がかかりますが時間の短縮と精度の高い原稿があがってきますので上手に活用しましょうね。

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ