メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

校正記号で字間を調整してみよう!

2015.06.08

校正記号で字間を調整してみよう!
  • #校正・校閲

皆さん、こんにちは。ディレクターのタカエです。
「校正記号の時間」では、社内報の校正時に役立つ、校正記号の種類と使い方をご紹介しています。
(バックナンバーはこちら!)

今回は第11回。文章中の「字間」を揃える校正記号をご紹介します!

校正を重ねているうちに、文字の送りを調整したり、デザイン的な調整で、段落中の字間が広がったり、狭まったりすることは良くあります。
その中で、字間が広がっている部分を元の字間に戻したいときは、字間を戻したい箇所にフタをかぶせるように線を引き、「ベタ」と明記しましょう。具体的には下の例をチェック!

 

0618_2_1

 

通常の字間になっている文章のことを、「ベタ組(べたぐみ)」と言います。記号の「ベタ」は、「ベタ組に戻す」の略です。 余談となりますが、ベタ組・・・この言葉を使えたら、少しだけかっこいいのでないかと思うので、ぜひ制作会社とのやりとりでお使いください。 続いては、箇条書きで項目が羅列された文列で良くある例です。

項目名と内容の区切りで良く使われる「:」の記号が揃うように時間を調整した方が読みやすいけれど、どうやって指示を出せば分からない!ということはありませんか。他の文列やスペースの長さと合わせて、ある部分の文字の字間を調整することを「均等割付(きんとうわりつけ)」と言います。

…と、言葉で説明しても分かりづらいかと思いますので、下の例をご覧ください。

 

0618_3

 

均等割付にしたい場合は、該当部分の字間に、字間が広がるイメージのくの字の記号を書き、「均等」と明記しましょう。
均等割付…この言葉も専門家の方のようで、かっこいい言葉ですね。

ここまで覚えれば、あなたも校正記号博士!?
次回は、「校正作業の進行」に関する校正記号をご紹介します!

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

「幸せお届け人」の皆さまへ

社内報のつくりかた

「幸せお届け人」の皆さまへ

    object(stdClass)#4045 (12) { ["term_id"]=> int(46) ["name"]=> string(15) "目的・役割" ["slug"]=> string(45) "%e7%9b%ae%e7%9a%84%e3%83%bb%e5%bd%b9%e5%89%b2" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "4" ["term_taxonomy_id"]=> int(46) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(68) ["object_id"]=> int(671) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #目的・役割
  • object(stdClass)#4041 (12) { ["term_id"]=> int(39) ["name"]=> string(39) "これだけは知っておきたい!" ["slug"]=> string(117) "%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%af%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84%ef%bc%81" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "11" ["term_taxonomy_id"]=> int(39) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(26) ["object_id"]=> int(671) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #これだけは知っておきたい!
  • object(stdClass)#4046 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(671) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2017.12.14

社内報制作に適した「外部パートナー」の選び方

社内報のつくりかた

社内報制作に適した「外部パートナー」の選び方

    object(stdClass)#4044 (12) { ["term_id"]=> int(43) ["name"]=> string(9) "初心者" ["slug"]=> string(27) "%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "7" ["term_taxonomy_id"]=> int(43) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(10) ["object_id"]=> int(1076) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #初心者
  • object(stdClass)#4043 (12) { ["term_id"]=> int(36) ["name"]=> string(33) "パートナー(業者)選定" ["slug"]=> string(99) "%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%88%e6%a5%ad%e8%80%85%ef%bc%89%e9%81%b8%e5%ae%9a" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "14" ["term_taxonomy_id"]=> int(36) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(14) ["object_id"]=> int(1076) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #パートナー(業者)選定
  • object(stdClass)#4047 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1076) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2016.04.25

動きのある「新入社員特集」ページを作るには?

社内報のつくりかた

動きのある「新入社員特集」ページを作るには?

    object(stdClass)#4050 (12) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(6) "編集" ["slug"]=> string(18) "%e7%b7%a8%e9%9b%86" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "2" ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(81) ["object_id"]=> int(1558) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #編集
  • object(stdClass)#4049 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1558) ["filter"]=> string(3) "raw" } object(stdClass)#4042 (12) { ["term_id"]=> int(17) ["name"]=> string(12) "デザイン" ["slug"]=> string(36) "%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "27" ["term_taxonomy_id"]=> int(17) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(31) ["object_id"]=> int(1558) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #デザイン

2015.03.17

取材で“いい話”を引き出すための心得

社内報のつくりかた

取材で“いい話”を引き出すための心得

    object(stdClass)#4040 (12) { ["term_id"]=> int(49) ["name"]=> string(39) "インタビュー・取材・座談会" ["slug"]=> string(117) "%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%bb%e5%8f%96%e6%9d%90%e3%83%bb%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "1" ["term_taxonomy_id"]=> int(49) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(27) ["object_id"]=> int(1231) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #インタビュー・取材・座談会
  • object(stdClass)#4048 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1231) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2015.12.02

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ