メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • 他部署への興味がぐんぐん湧いてくる! 「部署紹介」ネタのコツ

社内報のつくりかた

他部署への興味がぐんぐん湧いてくる! 「部署紹介」ネタのコツ

2015.04.15

他部署への興味がぐんぐん湧いてくる! 「部署紹介」ネタのコツ

皆さん、こんにちは。ディレクターのタカエです。

「社員が他の部署の仕事に興味がない」
「部署間の協力体制が弱く、会社の一体感を図りづらい」
「他部署への丸投げ体質が課題」

そんなお悩みを持つ企業の皆さま!社内報の「部署紹介」ネタを活用して、部署間のコミュニケーション活性化を図ってみませんか?

今回は社員の興味を引く、おもしろい「部署紹介」ネタづくりのコツをご紹介します。

★コツ1 ヒト・モノ・コトで考える

部署紹介と一口に言っても、内容は様々。
紹介する内容は「ヒト」「モノ」「コト」の3点で考えてみましょう。

 「ヒト」・・・部門長、注目社員、名物社員、関係社員の紹介など
 「モノ」・・・担当商品・サービス、使用設備・アイテムの紹介など
 「コト」・・・関連イベント、最近のトピックの紹介など

紹介する部署は、「ヒト」「モノ」「コト」いずれのテーマで取り上げると読み応えがありそうでしょうか?全てを盛り込んだ企画でも、いずれかを取り上げた企画でも可能ですが、印象は大きく変わります。社員に響きそうなテーマを選んでみましょう。

★コツ2 他部署目線で紹介してみる

部署紹介では、ご本人達を取材したり、ご本人達に原稿を作成してもらうことが多くなりがちです。そこで、他部署の方にもご協力いただき、その部署の「おもしろポイント」も紹介すると、視点が広がりより多くの方に響く記事になります!

「実は、●●部には美人が多い!」「●●のことなら●●さんに聞け!」

など、ご本人達では紹介しにくい意見も紹介してみましょう。

★コツ3 時にはマニアな内容も盛り込む

時にはその部署の方しか知らないような、マニアックなテーマも載せてみましょう!
「●●部の●●マニア、●●さん」といったトピックを設け、その部署の良さやマニアな社員を紹介してみると、その部署の専門性や個性を伝えられます。

どの企業のどの部署にも、きっとそこにしかない魅力があるはず! そう思って部署紹介ネタに取り組むことが、実は一番のコツです。皆さんもぜひ試してみてくださいね。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ