メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報での「グローバル」化を考える。

2015.06.22

社内報での「グローバル」化を考える。

こんにちは。ディレクターのkojiです。
最近お会いする社内報担当者のお客さまからよくいただくのが、「企業のグローバル化に伴って、経営層から社内報も『グローバル化』をするように言われています。どうしたらよいでしょうか?」というご相談。

この『グローバル化』には、いくつかの意味が含まれているのですが、一番の目的はどのようなことでしょうか?グローバル化した場合に一番読んでもらいたい読者は誰でしょうか?考えてみましょう。

国内の企業情報を海外で働く「日本人」従業員に共有したい

この場合は、現在国内で制作している社内報をそのまま増刷して届ける、あるいはWEB社内報で伝える形がよいかと思います。タイムリーな情報でなくとも企業がどんな活動をしていて、どんな方向へ向かっているのか、情報のボリュームを変えずに伝えてあげましょう。

海外の企業情報を国内で働く「日本人」従業員に共有したい

この場合は、国内の従業員の方々に海外を意識させることが目的です。そこで「海外事業所だより」という企画を立ててみてはどうでしょうか。現地の従業員に原稿依頼して、今、現地でどんなことを行っているか?レポートで届けてもらいましょう。

企業情報を、国内外の「外国人」従業員に共有したい

これが一番難しいパターンです。「外国人」の従業員の場合、まずは、読者の文化を理解すること、同時に日本の文化への理解もはかる企画を盛り込みましょう。もし、日本文化への理解が薄いと誤解を招く内容になることも考えられますので注意が必要です。次に、相手の立場に立つことが大切です。

 

150622__

 

例えば、部品工場で働く従業員は、自分が作っている部品が、どのように実際使われているのか知らないかもしれません。その部品が国内人気ナンバー1の商品の部品と知ったら、どうでしょう?もしかしたら、その仕事に就いていることに誇りを持ち、やる気をみなぎらせるかもしれません。

【企画例1】「○×部品が、お客様に届くまで」

○×部品が作られることになった背景、製造工程、国内へ輸入され、商品化されるまでの一連の流れを見せる企画を立ててみてはいかがでしょう。

【企画例2】「こんなトコロに、○×部品」

商品を掲載しつつ、どんな部分に○×部品が使われているのかを具体的に示します。またその商品がどんな場面で使われているか、実際使っている人の声なども一緒に掲載してあげる企画を立ててみてはいかがでしょう。

外国人従業員に対しても、日本人従業員と同様に、企業理念の浸透や情報共有だけではなく、モチベーションアップ、グループとしての連帯感の醸成に、社内報は有効なツールとなるはずです。言葉や文化、習慣の壁を超えて、ぜひ企業の熱い想いを届けていきましょう!

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ