メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • ボトムアップ効果を期待するならMVP社員を特集すべし

社内報のつくりかた

ボトムアップ効果を期待するならMVP社員を特集すべし

2015.01.22

ボトムアップ効果を期待するならMVP社員を特集すべし

こんにちは。ディレクターのマサオです。
いきなりですが、みなさんの今年の目標は何でしょうか?

自身の目標や行動について考える際に役立つ社内報のネタがあります。

それは、「MVP社員から学ぶ仕事術」です。

みなさんの会社でも社長賞など、優秀な社員を表彰する制度があると思います。
その優秀な社員をインタビューすることで、他の社員を喚起させようというのがねらいです。
ぜひ、ご参考にして頂ければと思います。

「MVP社員から学ぶ仕事術」

こだわりの仕事術を公開する

このネタで一番大切なのは、どうして優秀な働き方ができたかを仕事術としてしっかり公開することです。
通常、成果の出る仕事術は社内とはいえ評価の競争があるため公開したくないと考える社員も多いですが、そこは社内報担当早の交渉次第!
他の社員に横展開できるようぜひ取材で引き出してみてください。

こだわる理由を聞く

こだわって仕事をすることは重要ですが、それ以上に重要なのがこだわる理由です。
人は理由がないと行動できない生き物です。理由をしっかり伝えることで、少しハードルの高い仕事術にも挑戦しようという前向きな気持ちが生まれます。
ぜひ、MVP社員がこだわる理由も紹介してみてください。

仕事以外の顔も紹介する

成果を上げている社員の成功体験だけを紹介しても読んでいる社員は自分に置き換えることができません。そんな時は、人間性が伝わるオフの顔や趣味などを紹介することで、MVP社員との距離を縮めてあげるのも良いかもしれません。

いかがでしたか?
ボトムアップのネタで社内報をもっと盛り上げることができそうですね。
今後もボトムアップのネタについて記事を更新していきますのでご期待ください。

 

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ