メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • 社内報の自己紹介はどうあるべき?5つの書き方のポイント

社内報のつくりかた

社内報の自己紹介はどうあるべき?5つの書き方のポイント

社内報の自己紹介はどうあるべき?5つの書き方のポイント

社内報の自己紹介欄は、社員が自己アピールするための大切な機会の場です。自己紹介の仕方次第では、社内のコミュニケーションや割り振られる仕事の内容まで変わってくる可能性もあります。自己紹介は教わる機会が少なく、社風によっても書き方が違うことも少なくありません。社内報担当者なら新卒、中途入社の社員に自己紹介の書き方をアドバイスできるように熟知しておく必要があります。そこで、ポイントを抑えた自己紹介の書き方を紹介していきます。

そもそも自己紹介って?

新卒、中途入社するときに必ず自己紹介があります。自己紹介がグダグダになってしまうと残念ながら一生懸命話しても相手の印象に残ることはありません。新しい環境に飛び込むたびについて回る自己紹介とは、何のためにおこなうのでしょうか。自己紹介をおこなう理由は3つあります。

まず1つ目は、自分の名前を相手に記憶してもらうことを目的としています。大企業になると名前と顔が一致しないなんてことも起こるので、最初のうちは同じ部署の人だけでも名前と顔を覚えてもらうために自己紹介します。

2つ目は、自分がどのような人間なのかを知ってもらうためです。名前と顔、職業だけでは人柄を伝えることはできません。何に興味を持ち、どんな性格なのか伝えることが大切です。

3つ目は、コミュニケーションをする上でのきっかけです。出身地や出身大学、前職での仕事内容を伝えることで話すきっかけを作りやすくなります。自分から情報を出すことで共通点のある人は話しかけてくる可能性があります。そこから少しずつコミュニケーションを広げていくのです。

自己紹介の基本的な構成とは

自己紹介は基本的に4つの構成からできています。この構成を覚えてしまえば新しい環境に飛び込んでも使い回すことが可能です。

1つ目は、氏名・配属先などの基本情報です。自己紹介は必ず自分の名前を伝えて、どこに配属されたのかを伝えなければいけません。まれに名前だけ紹介して終わってしまう人がいますが、人数が多い会社であればどこの部署に配属されたのかわかりません。必ず氏名・配属先はセットで伝えましょう。

2つ目は、入社できたことや配属先に対する想いを伝えます。どんな気持ちなのかを簡潔に伝えましょう。ここで気をつけたいのは、喜びの気持ちを伝えます。配属先が自分の希望ではなかったからといって「本当は◯◯の部署が希望でしたが、がんばります」と書かれているとその部署にいる人は気分を悪くします。前向きな気持ちを伝えましょう。

3つ目は今後の抱負を伝えることです。自分はこの部署でどんな風に仕事をしていきたいのか抱負を伝えましょう。

4つ目は締めの挨拶です。一通りの自己紹介が終わった時は「どうぞ宜しくお願いします」と文末を締めましょう。自己紹介はダラダラと書くのではなく、端的に書くことで相手も目を通してくれます。文章がやたら長いとそれだけで読む気力がなくなるので気をつけましょう。

【社内報の自己紹介の書き方1】基本情報はしっかりと記入

社内報の自己紹介は、自由に書いても問題ないところがほとんどです。しかし、自由に書いていいからといって誰だかわからないような書き方をすると、自己紹介の意味がありません。最低限の基本情報4つは盛り込んでおきましょう。

1つ目は氏名です。名前を自己紹介に入れない人はいないですが、名字だけで氏名の紹介が終わってしまう人もいます。必ずフルネームで自己紹介しましょう。名前をよく間違えられてしまう人は自己紹介のときに伝えておくのもポイントです。たとえば、山崎さんという名前の人であれば、「やまざき」と呼ばれることが多いですが、本当は「やまさき」が正しい呼び方です。と自己紹介で伝えておくことで間違えて呼ばれてしまうこと少なくします。

2つ目は配属先です。配属先は意外と重要な項目で、どこにいる人なのかまったくわからなくなるので必ず伝えましょう。

3つ目は専攻していた学科、あるいは前職の経験を書くことです。専攻していた学科が珍しければそれだけで話題にもなりますし、前職の経験を書くことで意外な仕事を振られることもあります。何がきっかけかわからないので、自己紹介には書いておきましょう。

4つ目は出身地です。地方出身者であれば会社に同郷の人がいれば地元の話題になりますし、同郷の人がいなくてもおすすめの郷土料理や地域の特性を話すことでコミュニケーションのきっかけになります。

【社内報の自己紹介の書き方2】個性で魅力を伝える

最低限必要な項目を紹介しましたが、それだけでは自分の魅力を伝えるには不十分です。自分の中にある個性を伝えることで自分がどんな人間なのか伝えることができます。社内報でよく書かれるのは趣味や特技を書くことですが、より具体的に書くことで読む人が興味を持つかもしれません。

たとえば、趣味がサバイバルゲームであれば「週末に近くの山でチームを組んでサバイバルゲームを楽しんでいます」と書くことで、サバイバルゲームをしている人たちが話しかけてきますし、興味がある人が話しかけてくるかもしれません。

最近のマイブームを書くのもいいでしょう。日本酒を飲むことがマイブームと書くことで飲み会の誘いが来る可能性が高くなります。ほかにも座右の銘や尊敬している歴史上の人物を書くことで自分がどんな人であるかをアピールすることができます。

【社内報の自己紹介の書き方3】意気込みを伝えてやる気をアピール

社内報は保管され続けるので、意気込みを見せてやる気をアピールする必要があります。

一番分かりやすいアピールの方法は、仕事に対する意気込みを書くことです。社内報は誰でも閲覧ができるので誰が見ているかわかりません。アピールできることはしておきましょう。ほかにもコミュニケーションに対する意欲を書くのもいいでしょう。仕事は1人で簡潔することはほとんどないので、誰かと協力する必要があります。どんな風にコミュニケーションを取っていきたいのか書いてみましょう。

意気込みを書くのが苦手という人には、これから挑戦したい業務・挑戦したいことを書くことをおすすめします。挑戦したい業務を書いておくことで将来その業務を任されるかもしれません。

【社内報の自己紹介の書き方4】謙虚な文章を心がける

社内報で自己紹介を書くときのポイントは、謙虚な文章を心がけることです。謙虚な姿勢を見せることで相手への印象を良くすることができます。話しかけやすい人と思われればコミュニケーションを取るきっかけにつながります。では謙虚な文章とはどんな内容なのでしょうか。

まず1つ目は抱負・目標は高くし過ぎていない文章です。 たとえば、「1年で営業のトップになります」と書くことで周りの営業の人は印象を悪く持つ人もいるでしょう。そうではなく、「営業で上位に入るようがんばります」と書くだけで相手へ与える印象が変わってきます。

2つ目は、誰にでもわかるような話のネタを使うことです。マイナーなネタを使うと誰もつっこんでくれません。自己紹介ではみんながわかるような話のネタを使うことをおすすめします。

【社内報の自己紹介の書き方5】業種に合った内容にする

業種の特色に合った自己紹介にすることで社員の読む確率が上がります。
例えば、アパレル業界の場合は自分自身がどんなファッションスタイルを好んでいるか書くといいでしょう。クリエイト系の業界の場合は今まで自分が開発したことのあるもの、携わってきたこと、得意な分野などを書くことで、仕事の振られる内容が変わる可能性があります。ベンチャー企業の場合は、仕事を通して今後どんなことに挑戦していきたいのかを書いておきます。スピード感が大切であるベンチャー企業では、仕事を任されることも考えられます。どんな仕事をしたいのかアピールしておきましょう。

社内担当者は社員に自己紹介のアドバイスを!

自己紹介の書き方は教わることがないので、自己流で書いてしまう人がほとんどです。新卒や中途入社の社員には、過去にどんな自己紹介が社内で評判が高かったのかアドバイスしましょう。社風に合わせて自己紹介を書いてもらうことで社員に読まれる確率が変わります。社内広報担当者は書き方のポイントを踏まえ、社員へのアドバイスを徹底していきましょう。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2018.12.11

組織開発で社内の壁を取りはらう!働きやすい職場づくり

職場活性化

組織開発で社内の壁を取りはらう!働きやすい職場づくり

組織開発で社内の壁を取りはらう!働きやすい職場づくり

企業にとって社員が働きやすく風通しのよい職場づくりや、仕事へのモチベーションを維持できるような環境づくりは重要です。そのための取り組みとして、一般的には社内のレクリエーションや定期的な人事異動が行われ...

2018.12.10

冬に楽しみなものとは?冬に取り上げたい社内報のネタ

社内報のつくりかた

冬に楽しみなものとは?冬に取り上げたい社内報のネタ

冬に楽しみなものとは?冬に取り上げたい社内報のネタ

定期的に発行する社内報のネタが思い浮かばずに困っている、社員にウケるネタがどんなものかわからずに悩んでいるという担当者のみなさんは多いのではないでしょうか。そんなときに役に立つのが「季節ネタ」です。実...

2018.12.07

コミュニケーション戦略とは?考え方から実行までを解説

社内報のつくりかた

コミュニケーション戦略とは?考え方から実行までを解説

コミュニケーション戦略とは?考え方から実行までを解説

ビジネスを成功させるためには、ただ単にいい商品を開発して売り出せばいいというわけではありません。本当にその商品を欲しいという人の目に届かなければ、そもそも売れるチャンスすらないでしょう。また、売るため...

2018.12.06

社内報の目的とは?社内広報のスムーズな通達以外の役割

社内報のつくりかた

社内報の目的とは?社内広報のスムーズな通達以外の役割

社内報の目的とは?社内広報のスムーズな通達以外の役割

社内広報には、会社の情報を社員が共有できるという大切な役割があります。上層部の方針や決定を社員に伝え、他部署の業務や状況、社員同士の近況なども共有することができるコミュニケーションツールです。そのうち...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ