メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

アテンション、プリーズ?!

アテンション、プリーズ?!

先日、久しぶりに「はとバス」に乗って桜の名所めぐりをしてきました。ソメイヨシノはまだ早咲きでしたが、しだれ桜は満開で見ごろを迎えていて見事のひと言!桜を見に来ていた人の多さも見事でした。笑

こんにちは、ディレクターのkojiです。

今回は、そんな桜のお話、ではなく、「はとバス」のガイドさんの「アテンション(注意)」の促し方が素晴らしかった、というお話です。

参加者40名(満席)、50~60代のご夫婦やお友達同士の参加が目立っていたバスツアーで、プチ旅行で気分も高揚、浮足立って注意散漫になっている状態。そのような中で、桜スポットに到着するたびに、バスに乗ったり降りたりしたのですが、なんと一回も、集合時間に遅刻した人はいなかったのです。

なぜでしょうか?
ガイドさんが、「適切なタイミング」で、「的確な指示」で注意を促していたからです。

そのことに気づいてから、ずっとガイドさんに注目していたのですが(はとバスを純粋に楽しんでください ←自分ツッコミ)、参加者がどんな場面で集中力が切れるのか、気を引くためにどんな方法を取ったらよいかなど、すべて計算されつくされた完璧な行動で、ガイドのプロだな、と感心してしまいました。

さて、社内報の原稿依頼に話を置き換えてみましょう。
「依頼した原稿が、思ったような内容で戻ってこなかった」「期限を守ってもらえなかった」
これ、社内報あるある。社内報担当者からよく聞くお悩みです。

原稿を依頼する時、皆さんはどんな風にしているのでしょうか?

原稿を依頼する目的や背景、書いて欲しい内容、一緒に添付して欲しい写真などをまとめてお願いしていたりすると思うのですが、見直すべきは、それらを依頼する相手にとって、「適切」なタイミングで、「的確」な指示になっているか?ということ。

相手はどんな人?業務の忙しさはどうか?どんな風に伝えたら、こちらの意図する原稿があがってくるだろうか?

計算されつくされた原稿依頼をするためには、コミュニケーションを通じて相手の行動に目を向けてタイミングをはかり、通り一辺倒で依頼するのではなく一人ひとり頼む相手に合わせた方法を考えましょう。
そうすれば依頼された側も、自身の都合のよい時に原稿依頼がくるので「では、やってみよう」と腰をあげやすくなるだけでなく、「社内報担当者、タイミングわかっているなー」と、あなたの評価もうなぎのぼりになるに違いありません。

さあ、あなたも今日からアテンション上手を目指しましょう!

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ