メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

もしも、社内報が「有料」になったら?

2015.10.19

もしも、社内報が「有料」になったら?

こんにちは、ディレクターのkojiです。
今は、世の中に無料の情報が溢れていますよね。わからない言葉は検索機能で一発表示です。街中にはフリーペーパーが数多く出回っています。

さて紙の社内報は、基本的には社員に「無料」で配られている媒体です。
もしも、社内報が「有料」になったら?と考えたことはありますか?
読む側は、金銭を支払った分の情報を得ようと隅々まで読むに違いありません。制作する側は、金銭に見合う内容を必死に考えるようになることでしょう。そして、販売金額の向上が目標となる、そんな分かりやすい仕組みが出来上がるかもしれません。

では、なぜ「無料」なのでしょうか?

1)価値ある内容ではないから
2)発言への責任の重さを回避したいから
3)社内報は、そもそも無料でしょう?(という意識)
4)金銭以外の部分でメリットがあるから

やはり上記の中では、4)の部分が理由となるでしょう。
普段会えない経営層の声が届く、活発な社内コミュニケーションがうまれる、社内ニュースの共有を図れるなど。さらにその先に、社内報は「会社を変える」要素を含んだ宝物になるという、長期的な“投資”を経営トップが判断しているということです。

飛躍した話になりましたが、社内報を有料化すべきだ!というお話ではなく、そのくらい社内報は価値ある媒体なのだと、もっと社員の皆さんに感じてもらってもよい媒体なのです。原稿がうまく集まらなかった時、企画のアイデア出しにつまずいた時、社内報の目的を見失った時に思い出して、誇りを持って制作してもらいたいな、と。社内報の担当者さまから「社員が社内報を読んでくれなくて…」というお悩みを聞くたびに、そんなことを思っています。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ