メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

~カメラ選びの基礎知識~

2015.09.15

~カメラ選びの基礎知識~

こんにちは!ディレクターのnemoです。

今回はセミナーを受けに来て下さる方の中からもご質問を受けることの多い「カメラ選び」について、ご紹介させていただきます。

みなさんはプライベート用にとカメラを買われるとき、何を第一に優先して選ぼうとしますか?

「持ち歩きやすさ?」
「デザイン性?」
「出たばかりの新モデル?」

選ぶ基準は色々とあるかと思いますが、社内報に使いたい写真含め、「やっぱりきれいな写真が撮れるカメラを!」と重要視される方は、以下のことに注意を向けて、カメラ選びをしていただければと思います。

まず家電量販店などで、カメラを選んでいると「お客様、きれいに写真を撮りたいのであれば、画素数の高いものがおすすめですよ!」と声をかけられるのがほとんどかと思います。

画素数が高ければ、きれいな写真が撮りやすくなることは「確かにそうです」と言えることなんですが、そもそも良く耳にするこのワード「画素数」って、それが何か皆さんご存知ですか?

「画素数」とは、レンズから取り入れた光を情報として受け取るためにあるセンサーに並んだ、点の数のことを表しているんです。

方眼紙のマス目のようにその小さな点は並んでいるんですが、レンズから入ってきた光をその点一つひとつが受け止め、最終的に一つの像として画像に起こすことをする、というところで、この点の数が多ければ多いほど、入り込んでくる光の情報を事細かに拾うことができる。その結果、高画質な絵(写真)が映し出せるようになる、と言う仕組みになるんです。

だから、画素数の高いカメラが良いんですよ!と言われるんですね。
で「なるほど…」とうなづいてしまった方、まだここで納得をしてはいけません!

実は「きれいな写真」を撮る為には、画素数以外にもう1つ、大事な要素があるんです。
それが「イメージセンサー」というもので、カメラの中にある(写真でいうとレンズを外した際に見える)四角の板なんです。

 

photo-1_

このイメージセンサーと言うものは、先ほど説明した「画素数」を表す小さな点が並んだ板のことなんですが、カメラの心臓部分とも言われています。

きれいな写真を撮る為には、このイメージセンサーの大きさが大きく関わっている、というのが今回のポイントになります。

今やデジタルカメラも「コンパクトデジタルカメラ」や「ミラーレス一眼レフカメラ」、また「一眼フレカメラ」といろんなモデルや種類が出ていますが、実はカメラそれぞれの中身を見てみると、このイメージセンサーと呼ばれる板の大きさは全く異なり、大小の違いによって、写真の質も変わってくるんです。

ちなみにプロのカメラマンが使うようなカメラだと、「フルサイズ」と呼ばれるイメージセンサーが搭載されており、逆に普段よく使うコンパクトデジタルカメラなどになると「フォーサーズ」と呼ばれるイメージセンサーになり、その大きさの違いを見ても、フルサイズの方がフォーサーズに比べ一回り以上も大きいものになるんです。

この板の上に画素数と言われる小さな点が並んでいるんですが、同じ画素数でも小さなイメージセンサーの上にひしめいて並ぶ点よりも、大きなイメージセンサーにバランスよく並ぶ点の方が取り入れる情報の質も良くなる、というところで、結果、写真の仕上がりにも大きな差が現れるようになります。

「画総数」は良く耳にしていたけど、「イメージセンサー」と言うワードは初めて聞いたという方も多くいらっしゃるかと思います。
まずはご自身が使われているカメラがどのくらいのサイズ感になるのか、チェックしてみてくださいね!

 

photo-2_

 

ちなみにこのイメージセンサーについては、ミラーレス一眼レフカメラやデジタル一眼レフカメラのレンズ付け替えの際、露出する部分ではあるんですが、先ほども説明したようにこの部分は「カメラの心臓部分」にもなります。

キズやほこりが付いてしまうと、仕上がる写真にも大きな影響が出てしまいますので、覗き込むことは控え、レンズを付け替える際もできる限り仰向けにすることなく、下を向けるか、真横を向けるかして、ほこりが付着しないよう、注意をするように心掛けてくださいね!

次にカメラを買い替えるときは、是非「画素数」と「イメージセンサー」に着目してみましょう!

ではでは、また次回をお楽しみに! 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ