メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

実録!ER戦略ノート

実録!ER戦略ノート

はじめまして。今回から「実録!ER戦略ノート」なる連載をはじめてみたいと思います。
かくも仰々しいタイトルではございますが、みなさまに貴重なお時間を割いていただくほどの価値があるかどうかはわかりませんし、また自信もございません。

ただ、私がこの場をお借りして発信することで、ER(Employee Relations)やインターナル・ブランディングなど、日々従業員とのコミュニケーション活動に携わるみなさまと繋がることができ、また、みなさまが業務を進めていくうえで少しでもお役に立つ、あるいは何かを感じ入っていただけるところがあれば嬉しい限りです。拙筆につき恐縮ですが、どうぞお付き合いください。

さて、いきなり戦略的な?お題に入るのもなんですし、そもそも“人は、知らない人間に対しては冷たく批判的になる”ともいわれますので、その予防的緩和措置として、まず初回は自己紹介を中心にツラツラと書くにとどめたいと思います。

とはいえ、40半ばのおっさんのプライベートについてご関心がないことは容易に想像できますので、都内在住のお酒をこよなく愛する2児(3歳と1歳)の父・・・くらいにしておき、私の職務経歴を中心にまいりたいと思います。

会社勤めは20年超で、今の会社は3社目になります。
1社目は、国内製薬企業。
いまや時価総額では数兆円超のグローバル企業となり、20年くらい在籍しただけでロクな貢献もしていないくせに、ちょっと誇らしい気持ちになっています。ここでは、医薬営業、総務、広報、IR/SR、経営企画など、いろんな経験をさせてもらいました。私の社会人としてのベースはほぼこちらで出来上がったものです。

次は、関西のテーマパーク運営会社。ハリーなんちゃら~などで有名なとこです。我ながら、セクター間ギャップがハンパない!(笑)ですが、ここでは当時上場準備とガバナンス関連業務を担いました。自身、初の転職ということもあり、意気揚々と関西に乗り込んだものの、残念ながらそのタイミングでのIPOは不成立。軽い脱力症状とともに東京に戻ったものの、まさに筆舌に尽くし難い多様な経験をさせていただき、大変貴重な時間となりました。

その後、まさに複合的にご縁がつながり、今は機能性材料メーカーにおります。スマホなどコンシューマーIT製品や車載用の電子材料部品や光学材料部品を製造する玄人好みの企業です。そこでIR、広報、そして最近ではERにも携わっております。(実は、組織上は人事・総務も兼務です^^;)

また、社会人学生としてビジネススクールにも通い、仕事×勉強×飲み会のドM三重生活を2年間続けたこともあります。当時しっかり学んだはずの理論やフレームワークは、もはや一片も頭に残っていませんが、お世話になった教授の言葉を借りれば「理論は経年的に陳腐化する。ただし、ここで構築された人的ネットワークはこの先も輝かしく拡がっていく。」とのこと。本当にそう実感しますし、機会があれば、彼らから得た情報や知識、事例などもここで紹介できたらいいなと思っています。 

ということで、それなりに幅広く、いろんな会社や業界で経験を積んできた・・・といえば、大変聞こえは良いのかもしれませんが、節操がない、あるいは器用貧乏という見方もできますし、むしろその方が表現として正確かもしれません。

それに・・・みなさま、重要なことにお気づきでしょうか・・・?

そうなんです。私、いわゆる広報マンやスポークス・パーソンと呼ばれるようなプロフェッショナルでも何でもないのです・・・ましてやERなど!
広報部員としての経験を足し合わせても数年程度です。今の会社でも、つい最近、うちは社内コミュニケーションが不足している、、、などといわれて昨年、急に組織として稼動した状態。

つまり、本来的には、そんな人間が、プロの方々もアクセスし得るこんな場所で、ブログを書く資格など有していないわけでございます。当然、最初は及び腰にはなってご辞退申し上げようかと思っていました。 

ただ、こうしたブログなどを通じて、同じような悩みを持っているみなさまがつながり、ヒントを与えあったり、励ましあったりする場を提供したいというアドテイストさんのお考えには大変共感しますし、そもそも私自身がこうしたつながりを欲している・・・。
また、超大手企業(B 2B 2 C)、非上場外資系企業(B 2B)、中堅企業(B 2B)での経験などから、自分なりの考えや思いをお伝えすることくらいなら出来るかも。・・・など、あれやこれや巡らせておりました。 

そして最後は、「いきなり会社からERをやれといわれた”不惑“の(はずの)40歳が、どうやったら戦略的に進めていけるかについて四苦八苦しながら戸惑いまくっている様子を、広大なネットの隅っこに載せたところで、社会に大きな害悪はありますまい。むしろ、ちょっとした共感でもいただけるのなら儲けモン?」と開き直り、ほぼほぼ勢いで受けさせていただいた、と感じです。

ですので、専門的なお話はプロにお譲りすることとし、ここでは、素人らしく、格好つけず、気楽にいきたいと思っています。みなさまも、肩肘張らずに、流し読みいただければ幸いです。できましたら寛容なお心とご一緒に・・・m(_ _)m
では、自己紹介はこのくらいにして、次回以降、ERについて私たちが考えていることを記していきたいと思います。みなさま、どうぞよろしくお願いします。 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ