メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • 「一億総活躍社会」に向けて、 社内報でできるひとつの取り組み

社内報のつくりかた

「一億総活躍社会」に向けて、 社内報でできるひとつの取り組み

2015.12.07

「一億総活躍社会」に向けて、 社内報でできるひとつの取り組み

こんにちは、ディレクターのkojiです。

つい先日、育児を妻に任せていた夫が、ワケあって突然1ヶ月だけ育児を任されることになったという話を聞きました。その人曰く、「働きながら育児をすることって本当に大変だなと実感しました。『子どものお迎えに行くので定時で帰りたい』とか、やっぱり言い出しにくいし・・・」と。

何年か前から出てきたダイバーシティ(多様性)という言葉、ようやく世の中に浸透しつつあります。その代表格として社内報でも取り上げられる「女性活躍」の推進ですが、働く女性は“ワーキングマザー”と呼ばれ、その活躍が応援されるようになってきているのに対して、むしろ理解されにくいのは育児に積極的な働く男性なのかもしれませんね。

政府が次なるスローガンとして掲げている「一億総活躍社会」。女性の職場進出や子育てを積極的に支援する策も盛り込まれているようですが、女性が現役で働くためには男性の育児協力は欠かせないものだと思います。また、男女ともに安心して仕事を続けるためには、職場内での理解も必要です。

そこで、「同じ企業風土」の中で、「男女による働き方の違い」はどんなところに出るのか?その視点を盛り込む社内報の企画として、「社内結婚をした2人」を同じ紙面で取り上げてみるのは、どうでしょう?

夫婦が出会ったきっかけとして、今も昔も「同じ職場で」は上位に入ってきます。また、社内報で結婚や出産のコーナーは人気の企業さまが多いです。つまり社員にとって身近で、関心が高い話題、ということ。働き方に注目した企画として社内報で確立していくことができたなら、誰もがイキイキと活躍できる社会の実現に向けた、ひとつの取り組みになっていくのではないかと思います。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.23

社内報のアイデアが思いつかない!考え方のポイントや事例を紹介

社内報のつくりかた

社内報のアイデアが思いつかない!考え方のポイントや事例を紹介

社内報のアイデアが思いつかない!考え方のポイントや事例を...

社内報の担当者になれば、次の社内報のアイデアをどんどん考えなければいけません。締め切りが決まっており、間に合わなければ社内報を発行できなくなります。しかし、長く社内報の制作を続けていると、だんだんアイ...

2019.01.22

社内コミュニケーションの課題と施策のポイント

職場活性化

社内コミュニケーションの課題と施策のポイント

社内コミュニケーションの課題と施策のポイント

社内コミュニケーションの重要性が注目されています。コミュニケーションが活発に行われていなければ、さまざまな問題が起きてしまうからです。それでは、社内コミュニケーションに関して、一体どのような課題が存在...

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ