メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

印刷に必要な「予備紙」の存在。

2015.11.26

印刷に必要な「予備紙」の存在。

こんにちは。うさ田です。
今回は印刷時に必要な「予備紙」についてお話ししていきたいと思います。

皆さんは、印刷を行う際は必要な印刷枚数に加えて、一定枚数の予備紙を一緒に用意していることをご存じでしょうか?

この予備紙、実は非常に大事な存在なのです。

例えば…

刷り出し
→ 目指している色を出すための調整に使います。印刷機は一般用のプリンターなどとは異なり、濃度の調整や版の位置の微妙な調整で、色が変わってきてしまいます。そのため、準備段階で「刷り出し」と呼ばれる予備紙が必要です。

印刷中
→ 印刷の途中に定期的に抜き出して、異常がないかチェックするために使います。途中で版の位置がずれていないか、色の濃度が変わってしまっていないかなどを確認し、必要に応じて調整します。

加工・製本用
→ 印刷した大きな用紙を折ったり、綴じたりするなど仕上がりの形状に加工・製本する時に使用する予備です。

見本用
→ 実際に必要な数以外に、見本として担当者の方にお渡しするサンプルをつくる時に使用します。

などのように、いくつかの工程で予備紙が必要になります。

印刷を行う側からすると、部欠(必要な部数が刷り上がらない)を避けるために予備紙は多い方が好ましいのですが、その一方で予備紙を多くしてしまうと、その分の用紙代が高くなってしまうため、コスト面ではなるべく予備紙を少なくしたいと考えます。

さて、予備紙はどれ位必要になるのでしょうか?色数や使用する用紙、加工などにもよって違いますがフルカラーの4色で印刷する際には、1色につき100枚(計400枚)というように考えるのが一般的です。
この考え方でいうと4色で100枚印刷するには500枚の用紙が必要ということになります。

コスト・生産性の両面を向上させるために、なるべく少ない予備紙で作業できるように印刷工場は日々努力をしています。

 

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ