メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

句読点と感情

2015.07.31

句読点と感情
  • #ライティング

こんにちは、アシスタントディレクターのちっしーです!

今回注目したいのは、ずばり「、」と「。」。
読点と句点です。

句読点は、内容を整えたり、読みやすいリズムを作るのがお仕事です。
普段は気に留めることもない記号ですが、使い方をちょっと意識するだけで、読み手に与える感情をコントロールできるんです。

使われている数が多いと、じっくりと間違いのないように語る、正確に伝える、あるいは反面ぎこちなさも感じさせます。
逆に少ないと、急いでいる、伝えたいことがたくさんある、という切羽詰まった印象を与えます。
このあたりは、声に出して話すときと同じですね。

句読点の動きによって微妙に変化するニュアンスを、例文で確認してみましょう。

パターン①
『わが社にとって社内報の目的は、社員同士の結束を強め会社への帰属意識を高めることです。』

パターン②
『わが社にとって、社内報の目的は、社員同士の結束を強め、会社への帰属意識を高めることです。』

なんとなく、伝わるでしょうか?
パターン①では、結束と帰属意識は急務なのだ!という、前のめりで積極的な意欲を感じます。
パターン②では、ゆっくり確実に目標を達成しよう、と腰を据えて取り組む様子がうかがえますね。

読み手は無意識に、書き手の声や表情を想像しながら読み進めていきます。
文章においてはリアルな声のトーンや表情を使えません。そのぶん、文字のひとつひとつ、記号のひとつひとつに神経を張り巡らせましょう!

 

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

イロイロわかるかも?!比べてみよう、今の新人、昔の新人

社内報のつくりかた

イロイロわかるかも?!比べてみよう、今の新人、昔の新人

    object(stdClass)#4048 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1852) ["filter"]=> string(3) "raw" } object(stdClass)#4044 (12) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(15) "企画・ネタ" ["slug"]=> string(45) "%e4%bc%81%e7%94%bb%e3%83%bb%e3%83%8d%e3%82%bf" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "25" ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(85) ["object_id"]=> int(1852) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #企画・ネタ

2015.04.08

Q&A形式の「教えて!」シリーズで、自分ゴト化を狙う。

社内報のつくりかた

Q&A形式の「教えて!」シリーズで、自分ゴト化を狙う。

    object(stdClass)#4050 (12) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(6) "編集" ["slug"]=> string(18) "%e7%b7%a8%e9%9b%86" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "2" ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(81) ["object_id"]=> int(1634) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #編集
  • object(stdClass)#4046 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1634) ["filter"]=> string(3) "raw" } object(stdClass)#4043 (12) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(15) "企画・ネタ" ["slug"]=> string(45) "%e4%bc%81%e7%94%bb%e3%83%bb%e3%83%8d%e3%82%bf" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "25" ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(85) ["object_id"]=> int(1634) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #企画・ネタ

2015.02.06

企画の見せ方はバラエティや情報番組を参考に【前編】

社内報のつくりかた

企画の見せ方はバラエティや情報番組を参考に【前編】

    object(stdClass)#4049 (12) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(6) "編集" ["slug"]=> string(18) "%e7%b7%a8%e9%9b%86" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "2" ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(81) ["object_id"]=> int(733) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #編集
  • object(stdClass)#4045 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(733) ["filter"]=> string(3) "raw" } object(stdClass)#4042 (12) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(15) "企画・ネタ" ["slug"]=> string(45) "%e4%bc%81%e7%94%bb%e3%83%bb%e3%83%8d%e3%82%bf" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "25" ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(85) ["object_id"]=> int(733) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #企画・ネタ
  • object(stdClass)#4041 (12) { ["term_id"]=> int(17) ["name"]=> string(12) "デザイン" ["slug"]=> string(36) "%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "27" ["term_taxonomy_id"]=> int(17) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(31) ["object_id"]=> int(733) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #デザイン

2017.07.13

新入社員紹介は甘辛の味付けが大事

社内報のつくりかた

新入社員紹介は甘辛の味付けが大事

    object(stdClass)#4051 (12) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(6) "編集" ["slug"]=> string(18) "%e7%b7%a8%e9%9b%86" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(1) "2" ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(81) ["object_id"]=> int(1720) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #編集
  • object(stdClass)#4040 (12) { ["term_id"]=> int(31) ["name"]=> string(12) "4月・春" ["slug"]=> string(36) "%ef%bc%94%e6%9c%88%e3%83%bb%e6%98%a5" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "19" ["term_taxonomy_id"]=> int(31) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(14) ["object_id"]=> int(1720) ["filter"]=> string(3) "raw" }
  • #4月・春
  • object(stdClass)#4047 (12) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(27) "社内報のつくりかた" ["slug"]=> string(81) "%e7%a4%be%e5%86%85%e5%a0%b1%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9f" ["term_group"]=> int(0) ["term_order"]=> string(2) "24" ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(9) "columncat" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(456) ["object_id"]=> int(1720) ["filter"]=> string(3) "raw" }

2015.01.08

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ