メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

デザインにロジックを入れて社内プレゼンを!

2017.02.14

デザインにロジックを入れて社内プレゼンを!

みなさんは自分では「いいデザインが上がった!」と思って上司に見せたら、「このデザインは好きじゃない」「この色使いはちょっといまいち・・・」なんてダメ出しされたことはありませんか?

せっかく試行錯誤して良いと思える誌面ができ上がっても、他のメンバーの個人的好みによって没になるという話はよく耳にします。
今回はそんな事態に陥らないためにはどうしたらよいかを紹介していきます!

満足のいくデザインが上がってきた後は、上司や経営層に向けた、社内チェックやプレゼンをすることになると思います。その際に必ず、デザインにロジックを入れたプレゼン資料を作成するようにしましょう。

これは、デザイナーに依頼してもいいかもしれませんが、基本的には社内でよく使われている略称や符牒をふんだんにいれた資料を、担当者自ら作成した方がいいと思います。

デザインにロジックを入れるとは、

・なぜこのビジュアルを表紙に選んだのか
・コンセプトを的確にアピールする
・会社のイメージを表現する
・社長のイメージアップを図る

・・・などの理由を明確にしていくことです。

また、「暖色を中心に暖かみのある紙面にするためのカラーリング」や、「ワンポイントでこの位置にスクエアボックスを入れることで紙面の引き締めを図る」などといった、デザイン全体に関する説明を入れていきます。これはデザイナーにデザイン意図を聞いてみると、意外と答えてくれるものです。

このようなことは、広告代理店では必ずクライアント向けに行っています。なぜこのようなことをするのかというと、なんとなく美しいデザインというだけでは、個人の好き嫌いの判断しか得られないからです。

このようなデザインになった背景や理由を、きちんと明文化することで、合理的な判断ができるようになります。トップ以下経営層の好き嫌いといったあいまいな判断基準によるのではなく、ロジックで組み立てられた製品のように、スペック一つひとつを基準として判断できるようになります。

皆さんが精緻に組み立てたデザインであれば、ほぼ間違いなく承認されることでしょう。修正箇所が出てきたとしても最小限の修正にとどまり、デザイナーにも明確に伝えることができるでしょう。

ぜひ今後の参考にしてくださいね。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ