メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

「社長」と「社員」の距離を近づけよう。

2015.10.26

「社長」と「社員」の距離を近づけよう。

こんにちは、ディレクターのkojiです。
春から社内報のリニューアルをお考えの企業さまにとって、この時期はコンペをして制作会社を選定したり、社内の編集体制を整えたり、忙しい時期を迎えているのではないでしょうか。

当社が主催する社内報のリニューアルを目的としたセミナーにも数多くの企業さまがご来社されていますが、その中でいただくご質問について今日は書いてみたいと思います。

それが、「社長」と「社員」の距離を近づける企画について。

新たな経営方針が発表された時は、そこに至った経緯や今後の目指すビジョンを、グラフやコメントなどを用いて分かりやすく説明する企画、また、新しく就任したばかりの社長には、就任インタビューで社長の人物像に迫る!といった企画を立てることが一般的によく使われる手法だと思うのですが、意外と困ってしまうのは、それ以外の場合。

経営方針は変わっていないし、社長も変わっていない。社員にもっと経営層の想いを理解してもらうためにトップの姿を伝えたいけど、オフの姿に密着するような企画では少々くだけすぎ。どうしたらよいものか…。

そんな時には、社長に「社員への想いを語ってもらう」連載企画はいかがでしょう。

新入社員、活躍している女性など、特定のターゲットを決めて社長に語っていただく企画を立てます。すると、これまで“ビジョン”などテーマが大きすぎて自分ゴト化できなかった社員たちが、「自分たちも社長に見られているかも!?」と感じて、一気に社長の存在が近づくのではないでしょうか。

社長にご自身の日々の行動を振り返ってもらう企画も、社員との心の距離を近づけるものになると思います。
「私のアノ発言の真相を知っていますか?」
「社長が行く!現場探訪」など。

さらに、社員から社長への意見も加えて双方向のコミュニケーションを図るのも面白いですね。
「素朴な質問!教えて、○×社長」
「社長に伝えたい10のカイゼン」など。

社内報は経営層と社員の心の距離を縮めることができます。それぞれの想いを届けるコミュニケーションツールとして、唯一無二の存在に育てていきましょう。

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.03.19

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報のつくりかた

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内広報の方法の一つである社内報。社内報には、職場全体の価値観や情報を共有するだけでなく、コミュニケーションの意味合いも含まれています。そのため社内報を活用している企業も多く、その形は紙媒体やWEB媒...

2019.03.15

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

社内報のつくりかた

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

多くの企業にとって、従業員が蓄積してきたスキル、経験をいかに共有していくかは大きな課題です。一部の従業員に依存した経営体制では、長期的な成長が望めなくなるでしょう。そこで「ナレッジマネジメント」によっ...

2019.03.13

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

社内報のつくりかた

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月は季節としてのイベントが多いことはもちろん、新卒社員が入ってきたり人事異動があったりと、何かとニュースの多い時期です。社内報へ載せるべきネタも豊富ですが、毎年同じような話題が上がる中、制作担当者は...

2019.03.12

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報のつくりかた

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報は、どのような形態に仕上げるかによって配布の方法が大きく異なります。仕上げ方は大きく分けて紙、pdf、webの3種類があり、その特徴やメリット、デメリットもさまざまです。社員数が1,000人を超...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ