メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

企画の考え方 ~会議編~

2016.06.17

企画の考え方 ~会議編~

こんにちは。shibaです。

我々の仕事の1つに、「企画を考えること」があります。多くがチームで考えなければならず、そのため“企画会議”という名のチームミーティングを重ねていきます。しかし、この“企画会議”、参加者が多くなればなるほど足並みが揃わず、挙句、「今日の会議って意味あったの?」と思った経験が、幾度となくあります。皆さんは、そんな経験ないですか?

そんな話を、出版社に勤務する友人としていた際、彼女の会社で実践している企画会議のルールを少し教えてもらったので、今回はそちらを紹介したいと思います。

■文書を用意する

企画会議に参加するあたって、各人が必ず企画を文書にまとめてくる。形式は、手書きでもパワーポイントでも何でも可。実際には、文書化する過程(書いたり消したりすること)が重要なのだそうで、この作業で頭の中が徐々に整理され、企画が個人レベルで練られていくのだそうです。ちなみに、会議を乗り切るためだけの付け焼刃的な企画(ジャストアイデアや全く練られていないもの)については、容赦ないそうです。

■否定しない

きちんと練られた企画については、さらに会議参加者で深掘り。ただし、大事なのは、決して否定をしないこと。「いや、それは…」「駄目(無理)だよ、そういうのは…」は、使わないそうで、「さらに、こういうのはどう?」「これ、もう少しこうしたら…」という建設的な意見が重要なのだそうです。

■決めること

これは企画会議に限らず、何の会議でも同じ。多くないですか、決めない会議。これでは、時間(コスト)の無駄になりかねません。必ず、「やるかやらないか」という結論を出す。仮に結論を先送りにするならば、「いつまでに再提出」「次回、最終決定」という期限を決める。何となくうやむやに終わるのはご法度だそうです。

せっかく、たくさんの人が集まる会議であれば、実りのあるものにしたいですよね。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ