メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

活気の溢れるWeb社内報

2015.10.28

活気の溢れるWeb社内報

こんにちは、プロデューサーのkitaです。Web社内報は、どのような運用方法が一般的なのでしょうか?社外秘という性質上、他社事例を知る機会は殆ど無いかと思われますが、皆様、結構気になることのようです。

様々な企業様のお手伝いをさせていただいていてつくづく思うのは、Web社内報には、デファクトスタンダードというものが無いということです。

CMSを使った運用が過半数を占めると思われるかもしれませんが、ごくごく一部の企業様にあてはまるのみで、PDFをアップしている企業様、ご担当者様ご自身の手で全面に渡ってHTMLで更新している企業様、グループウェアを活用している企業様など様々です。企業様によってインナーコミュニケーション活性化によるそれぞれの到達イメージがあるなかで、予算面、運用面、安全面、そして、社内事情を鑑みた上での無理のない運用環境が構築されていることに気づかされます。

では、どのような運用方法のWeb社内報がより読まれて活気に溢れているかというと、そこにも優劣を分けるような正解はありません。運用手法に関係なく非常によく読まれ影響力のあるWeb社内報、存在感が薄くなってしまっているWeb社内報、どちらもあります。

Web社内報ご担当者様の意を汲んで理想を導き出そうとすれば、セキュリティ面で心配することなく、運用面でのユーザビリティが優れていて、存分に企業風土の醸成ができるような環境。そのようなものを求めているかと思いますが、よくよく考えてみますと、セキュリティとユーザビリティは、その企業様特有の運用方法に依存するスキルは必要とはなりますが、きちんと整備されているのです。そう考えますと、どのようなタイプのWeb社内報でも「存分に企業風土の醸成ができるような環境」は、大概の場合は備わっています。

誰でも運用ができてしまうというものでは無いだけの事です。勿論、リニューアルをする場合はそれにこした事はありませんが。

活気の溢れるWeb社内報のご担当社様は、社内を繋ぐメディアの編集長として、今ある運用環境を存分に使いこなしています。機能を使いこなすというよりも運用環境のフレームに合わせて匠に情報を発信しています。運用環境はあまり関係ないようです。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ