メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

活気の溢れるWeb社内報

2015.10.28

活気の溢れるWeb社内報

こんにちは、プロデューサーのkitaです。Web社内報は、どのような運用方法が一般的なのでしょうか?社外秘という性質上、他社事例を知る機会は殆ど無いかと思われますが、皆様、結構気になることのようです。

様々な企業様のお手伝いをさせていただいていてつくづく思うのは、Web社内報には、デファクトスタンダードというものが無いということです。

CMSを使った運用が過半数を占めると思われるかもしれませんが、ごくごく一部の企業様にあてはまるのみで、PDFをアップしている企業様、ご担当者様ご自身の手で全面に渡ってHTMLで更新している企業様、グループウェアを活用している企業様など様々です。企業様によってインナーコミュニケーション活性化によるそれぞれの到達イメージがあるなかで、予算面、運用面、安全面、そして、社内事情を鑑みた上での無理のない運用環境が構築されていることに気づかされます。

では、どのような運用方法のWeb社内報がより読まれて活気に溢れているかというと、そこにも優劣を分けるような正解はありません。運用手法に関係なく非常によく読まれ影響力のあるWeb社内報、存在感が薄くなってしまっているWeb社内報、どちらもあります。

Web社内報ご担当者様の意を汲んで理想を導き出そうとすれば、セキュリティ面で心配することなく、運用面でのユーザビリティが優れていて、存分に企業風土の醸成ができるような環境。そのようなものを求めているかと思いますが、よくよく考えてみますと、セキュリティとユーザビリティは、その企業様特有の運用方法に依存するスキルは必要とはなりますが、きちんと整備されているのです。そう考えますと、どのようなタイプのWeb社内報でも「存分に企業風土の醸成ができるような環境」は、大概の場合は備わっています。

誰でも運用ができてしまうというものでは無いだけの事です。勿論、リニューアルをする場合はそれにこした事はありませんが。

活気の溢れるWeb社内報のご担当社様は、社内を繋ぐメディアの編集長として、今ある運用環境を存分に使いこなしています。機能を使いこなすというよりも運用環境のフレームに合わせて匠に情報を発信しています。運用環境はあまり関係ないようです。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.03.19

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報のつくりかた

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内広報の方法の一つである社内報。社内報には、職場全体の価値観や情報を共有するだけでなく、コミュニケーションの意味合いも含まれています。そのため社内報を活用している企業も多く、その形は紙媒体やWEB媒...

2019.03.15

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

社内報のつくりかた

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

多くの企業にとって、従業員が蓄積してきたスキル、経験をいかに共有していくかは大きな課題です。一部の従業員に依存した経営体制では、長期的な成長が望めなくなるでしょう。そこで「ナレッジマネジメント」によっ...

2019.03.13

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

社内報のつくりかた

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月は季節としてのイベントが多いことはもちろん、新卒社員が入ってきたり人事異動があったりと、何かとニュースの多い時期です。社内報へ載せるべきネタも豊富ですが、毎年同じような話題が上がる中、制作担当者は...

2019.03.12

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報のつくりかた

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報は、どのような形態に仕上げるかによって配布の方法が大きく異なります。仕上げ方は大きく分けて紙、pdf、webの3種類があり、その特徴やメリット、デメリットもさまざまです。社員数が1,000人を超...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ