メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • 取材時に、一番聞きたい質問をするタイミングとは

社内報のつくりかた

取材時に、一番聞きたい質問をするタイミングとは

取材時に、一番聞きたい質問をするタイミングとは

こんにちは。shibaです。
昔、一緒に仕事していたライターさんと、少し前に食事をした時の話です。

「本当に聞きたい質問って、いつすると思う?」

“取材”が話のテーマになった際、そのライターさんから出た質問です。

みなさんは、いかがでしょうか。取材冒頭ですか(これは、あまりないですかね)。それでは、中盤から終盤にかけてでしょうか。

仮に、中盤から終盤だったとして、その時の話のテーマと聞きたいテーマとの間にギャップがあった場合、どうすれば良いでしょうか。これはこれで、悩みますよね。

そのライターさん曰く、「本当に聞きたい質問は、『はい、取材はこれで終わりです。今日は、どうもありがとうございました』と、一旦取材を締めた(フリをした)上でする」のだそうです。

「取材される側というのは、どうしても構えてしまう。特に、それが初めての方なんて、ICレコーダーが目の前で回っている非日常の風景で、どうしても緊張してしまうんだよね。だから、ICレコーダーを止めて、一旦取材が終わったフリをして、片付け始める。すると、取材対象者の緊張が途端にほぐれてね。いい感じにいろんなことを喋ってくれるんだよ。意外と、言えないことまで話してくれたりね(笑)」とのこと。

彼はそのために、ICレコーダーを常に2個、回しているそうです。

取材する側として、限りある時間の中で聞かねばならないことは、できるだけ早く聞いて片付けたいと思いますよね。でも、そこはどっしりと構え、戦略的に臨むことが本質に迫るために必要なのかもしれません。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.23

社内報のアイデアが思いつかない!考え方のポイントや事例を紹介

社内報のつくりかた

社内報のアイデアが思いつかない!考え方のポイントや事例を紹介

社内報のアイデアが思いつかない!考え方のポイントや事例を...

社内報の担当者になれば、次の社内報のアイデアをどんどん考えなければいけません。締め切りが決まっており、間に合わなければ社内報を発行できなくなります。しかし、長く社内報の制作を続けていると、だんだんアイ...

2019.01.22

社内コミュニケーションの課題と施策のポイント

職場活性化

社内コミュニケーションの課題と施策のポイント

社内コミュニケーションの課題と施策のポイント

社内コミュニケーションの重要性が注目されています。コミュニケーションが活発に行われていなければ、さまざまな問題が起きてしまうからです。それでは、社内コミュニケーションに関して、一体どのような課題が存在...

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ