メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • 厚みのある「特集企画」にするためのひと工夫とは?

社内報のつくりかた

厚みのある「特集企画」にするためのひと工夫とは?

厚みのある「特集企画」にするためのひと工夫とは?

社内報において社員への「気合い入れ」企画を特集に組み込む企業さまもあるかと思います。

<企画の一例>

●上期の決算報告を受けて、下期に行うべきことを考えさせる特集。
●CSR報告書などの内容を抜粋し、ステークホルダーと企業のつながりについて考えさせる特集。
●働き方改革!と題して、産休や育休、その他いろいろな制度で働き方を見つめ直させる特集。
など。

「特集」を組む際に、ぜひ考えてもらいたいのが企画の“深度”について。「テーマ設定はいいのだけど、あっさり2ページで特集が終わってしまった」という、もったいない状況を意外と目にします。他ページとの兼ね合いもあるのでしょうが、これでは社員に考えてもらう、浸透させるようになるのはなかなか難しいです。

たとえば、先ほど挙げた
・上期の決算報告を受けて、下期に行うべきことを考えさせる特集。

であれば、これに対応する企画として
深度レベル1) 経営陣にインタビュー「下期に期待すること」 (2ページ)
深度レベル2) リーダー座談会「わたしの部署の売上UP施策術」(2ページ)
深度レベル3) 個々人に聞く「半年後の自分へミニレター」(2ページ)

経営層、リーダー、個人にフォーカスした深度の異なる企画を複数用意することで、一つのテーマ(ここでは「下期に行うべきことを考えさせる」)に対して厚みを出すことができます。

身近な人物を登場させることで個人の目標を具体的にイメージさせ、経営層の登場で企業全体の目標まで視野を広げさせる、そんな特集ページを意識するとよいのではないでしょうか。

さぁ、今号も制作頑張りましょう!

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ