メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

アンケートから読者動向を探ってみる。

アンケートから読者動向を探ってみる。

こんにちは、プロデューサーのkitaです。

皆様は、読者アンケートをとってみたことはありますか?読者アンケートは読者の顔が見えてくる最も有効な手段です。

読者の顔とは?アンケートの場合は、それは属性を意味します。部署や役職、性別、年齢、地域などです。よく、社内報ご担当者様から、どんなアンケートをとったらいいのですか?ということをよく聞かれるのですが、この属性さえ分かるようになってさえいれば、あまり難しく考えないほうが良いとお応えしています。

「はい」「いいえ」、あるいは選択で答えられる10問くらいの簡潔な質問を想像してみてください。社内報を読んでいますか?役に立っていますか?どの記事が役に立ちましたか?など。そこに属性があることによって、読者の顔が見えてきます。

全社員が読者とはいっても、どういう人たちに一番伝えたいか、企画や特集毎に違いはあるかとは思いますが、うっすらとはイメージしている筈です。40代のベテラン社員なのか、20代後半の次世代リーダーなのか、中間管理職クラスなのか?本社ではなく全国の事業所の人なのか?女性なのか男性なのか?など。

そこには意外な結果がでることも。40代のベテラン社員に読ませたかった特集への関心が20代次世代リーダークラスよりも低い。事業所の人の方が真剣に読んでいる。入社2~3年目の社員が社内報を読んでいない、、、など。

属性を知ることから読者の顔が見え、その動向が意味する本質を探ることによって、課題が分かり解決策が見えてきます。

弊社の社内報セミナー参加者へのアンケートでは、半数位の企業様は「アンケートを実施していない」と答えています。ただし、よくよく聞いてみますと業務に追われてアンケートに時間を割けていないというのが実情のようです。

属性さえとれば数少ない簡潔な質問でも読者の顔は見えてきます。時間を作る価値は十分にあります。アンケートを実施してみることをお勧めします。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.03.19

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報のつくりかた

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内広報の方法の一つである社内報。社内報には、職場全体の価値観や情報を共有するだけでなく、コミュニケーションの意味合いも含まれています。そのため社内報を活用している企業も多く、その形は紙媒体やWEB媒...

2019.03.15

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

社内報のつくりかた

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

多くの企業にとって、従業員が蓄積してきたスキル、経験をいかに共有していくかは大きな課題です。一部の従業員に依存した経営体制では、長期的な成長が望めなくなるでしょう。そこで「ナレッジマネジメント」によっ...

2019.03.13

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

社内報のつくりかた

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月は季節としてのイベントが多いことはもちろん、新卒社員が入ってきたり人事異動があったりと、何かとニュースの多い時期です。社内報へ載せるべきネタも豊富ですが、毎年同じような話題が上がる中、制作担当者は...

2019.03.12

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報のつくりかた

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報は、どのような形態に仕上げるかによって配布の方法が大きく異なります。仕上げ方は大きく分けて紙、pdf、webの3種類があり、その特徴やメリット、デメリットもさまざまです。社員数が1,000人を超...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ